FC2ブログ

プロフィール

Sailing Stamper

Author:Sailing Stamper
主人と私と猫のももちゃんとオーストラリア在。
2009年4月より、44フィートのヨット「Blue Loon」号に引越し船上生活を始める。
同年7月にシドニーを出発し、QLD州Whitsundaysに向け北上。12月にシドニーに戻り引き続き南下。
2010年3月、東海岸の最南端港Edenに到着。4月、再度QLD週を目指し北上の旅第2弾を開始。
船上生活のかたわら、趣味の手作りグリーティングカード作成も継続。シドニー在住時には、マーケットで販売したり、カード作り教室、ワークショップなども開催。

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

Sailing Stamperへのお便り/e-mail to Sailing Stamper

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

カテゴリ

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Blue Loon その後

ずっとキャマレーのマリーナに係留したままのBlue Loon。
久しぶりに掃除に行きました。

数ヶ月前から売りに出していて一ヶ月前ぐらいから、だんだん本気のバイヤーが増えてきました。
でも、不運なことに、同じ時期にシドニーでは他にもBavaria44が3隻も売りに出されていたんです。つまり、Blue Loonを含めて4隻の全く同じ型のヨットが同時に販売中だったわけです。
他のヨットはいずれも、使用頻度としては私たちよりもうんと少なく、中にはエンジン使用時間がたったの300時間(Blue Loonは2000時間を越えています)というものもありました。
設備的には、長距離航海をしてきたBlue Loonが断然で、他のヨットにはチャートプロターさえついていないものもありました。
バイヤーさん側も、ほとんどの人は、湾内ウィークエンドセーラーなので、設備は必要ないと考える人ばかり。それに、買い手としては、少しでも新しいヨットを買いたいもの。

結局、Blue Loon以外のBavaria44は全て売却され、Loonだけが一人取り残されてしまいました。不景気の中、新品同様ものも値段は大没落で叩き売られたようです。

でもなぜかヨットブローカーは自信満々で、”大丈夫ぜったいにクリスマス前までに売れる!”と頼もしい発言をし続けてくれました。
とうのも、Bavaria社の中でもこの44フィートの型はすでに製造中止になっているのですが、モデルチェンジした46フィートよりも、格段に性能がいいらしく、隠れたファンが沢山いるのです。
”44フィートがいい”と名指しで探しているバイヤーが沢山おり、ブローカーに言わせると”まだまだ44フィート求めている人がいるから、お宅のヨットしか残っていないから絶対に売れる。でも値段はあまり期待しないでね。”とのことでした。

ちょっと真剣なバイヤーが来週偵察にくる、というので、久しぶりにBlue Loonを磨きに行きました。航海に行っていなくても、街中の埃や雨風、鳥の糞で、結構よごれており、半日かかってごしごし船体を磨き上げました。

ぴっかぴかになったBlue Loon。
やっぱりいいなぁ。このまま外に出して南の島に行ってしまいた~い、という気分にかられました。

同時にもうすぐ手放すことになる現実に、とても悲しくなってしまいました。
*Cleaned Loon*
cammeray marina

cleaned loon

cleaned loon2

cleaned loon3

Loon at mooring

そしてそして。。。。。。ついに買い手が見つかったんです!

主人いわく”このヨットに乗り込んだら、ぼくだって買いたい気持ちになるから当然だ!”

値段的にはやはり当初の期待よりは大幅値下げでしたが、新品同様の同じヨットよりもほんの少し落ちる程度だったので、他のオーナーさんの損失を考えると、ちょっと気が休まりました。

まだまだ契約は完結していませんが、すでにバイヤーは手付金を支払っており、現在Blue Loonは検査中です。

次にBlue Loonに会いに行く日が、お別れの日となってしまいます。
スポンサーサイト

<< 新しいブログ | ホーム | クリスマスカード第3弾 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。