FC2ブログ

プロフィール

Sailing Stamper

Author:Sailing Stamper
主人と私と猫のももちゃんとオーストラリア在。
2009年4月より、44フィートのヨット「Blue Loon」号に引越し船上生活を始める。
同年7月にシドニーを出発し、QLD州Whitsundaysに向け北上。12月にシドニーに戻り引き続き南下。
2010年3月、東海岸の最南端港Edenに到着。4月、再度QLD週を目指し北上の旅第2弾を開始。
船上生活のかたわら、趣味の手作りグリーティングカード作成も継続。シドニー在住時には、マーケットで販売したり、カード作り教室、ワークショップなども開催。

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

Sailing Stamperへのお便り/e-mail to Sailing Stamper

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

カテゴリ

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bantry Bay

7月10日(日)

今日も西からの強風が予想されているので、Farm Coveよりももっとプロテクションがいい、Middle Harbour内に移動することにしました。跳ね橋のThe Spit Bridgeの反対側に入るので11時30分のオープンに間に合うよう午前10時にFarm Coveを出発しました。
center point

domain at back
*Mrs Macquaire Pt*
mrs macquarie pt
強風に備えてメインはセカンドリーフ。ヘッドセールもほんの少しで出発です。
opera house and harbour bridge

replica boat

replica boat.2
湾の中はどに来ると、風はすでに27ノット。かなり強くなってきていました。
gettin really windy
大型タンカーが前方を横切っています。いつもと違う変な場所にいるな、と思っていましたが、どうも強風を避けられる場所に移動して入港を待機しようとしているようです。
tanker sheltering from  the wind

japanese tanker

このあと、なんと突風が40ノットを越えてるようになり、小さなヘッドセールとセカンドリーフのメインセールだけでも風にコントロールを取られるようになってしまいました。勝手に岸の岩場に向かって走り始め舵がと取れません。さすがのBlue Loonもあわや横倒し!と思うぐらい傾き、あわててエンジンをつけなんとかコントロールを取り戻し、四苦八苦のすえ、やっとセールを両方とも降ろしエンジン走行に変えました。予報以上の強風に不意をつかれました。
湾内だと、回りの建物や丘などの地形に風が影響され、場所によっては”弾丸風”が発生するということを、忘れていました。ずっと外海ばかり走行していたので陸に囲まれた場所でのセール走行は、また違った注意が必要でした。

Middle Harbourのスピット橋には11時15分に到着。待機用のモーリンが2個とも使用ずみだったので端のまえで旋回しながら開くのを待ちました。
日曜日だからなのか、橋の両側で、私たちを含めて10隻ほどのモーターボートやヨットが待っていました。そのせいか、時間の5分前に橋が開き始めたのです。

Middle Harbourの中にはいっても相変わらず強風は続いていました。
the other side of spit bridge
*The Spit Marina*
the spit
ウォーターフロントには自家用ジェッティーがある豪邸が並んでいます。
water front manshions

own jetty at front
どんどんMiddle Harbourの奥に向かいます。いつもは、Middle Harbourに来るときはSugarloaf Bayにいくのですが、そのさらに奥にあるBantry Bayを試すことにしました。西からの強風の影響が少ないのと、パブリックのモーリンがあるからです。それにまだ行ったことのない場所なので興味があります。
*Heading to Bantry Bay*
heading to bantry bay

10隻弱のボートが係留されていました。いずれもピンクのパブリックモーリンを使用していました。
ラッキーなことに、最後の一個が開いていました。
*Got the last public mooring*
got the last mooring
Bantry Bayの周囲は国立公園となっています。中でも西側にはウォーターフロントには鉱山開発省の爆発物ゴミの処理の倉庫が建ち並んでいます。1974年まで使用されていました。現在は歴史的建造物の指定を受けていますが、建物に近づくのは禁止されています。
*The heritage listed explosives storage buildings*
the heritage listed explosives storage buildings

the heritage listed explosives storage buildings2

other boats on moorings

風は相変わらず吹いていますが、波は立ちません。風力発電が元気よく作動しています。
ここなら強風も気にならず安全に過ごすことができそうです。
スポンサーサイト

<< Blue Loon その後 | ホーム | きれいになったBlue Loon >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。