FC2ブログ

プロフィール

Sailing Stamper

Author:Sailing Stamper
主人と私と猫のももちゃんとオーストラリア在。
2009年4月より、44フィートのヨット「Blue Loon」号に引越し船上生活を始める。
同年7月にシドニーを出発し、QLD州Whitsundaysに向け北上。12月にシドニーに戻り引き続き南下。
2010年3月、東海岸の最南端港Edenに到着。4月、再度QLD週を目指し北上の旅第2弾を開始。
船上生活のかたわら、趣味の手作りグリーティングカード作成も継続。シドニー在住時には、マーケットで販売したり、カード作り教室、ワークショップなども開催。

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

Sailing Stamperへのお便り/e-mail to Sailing Stamper

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

カテゴリ

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jervis Bay - Crookhaven River(Shoalhaven)

6月18日(土)

6時30分にセットした目覚ましよりも少し早く、朝ごはんをせがむももちゃんの”にゃ~ごぉ~”ぐぉ~ん”という泣き声で起こされました。最近寒さでよくお腹が空くのか、暗いうちから”ご飯くれ”コールで起こされます。
食器を片付け、朝の紅茶を一杯飲んでから午前7時05分アンカーアップです。
leaving_20110619155118.jpg

Jervis Bayのヘッドに向かいます。セールは両方とも出しましたがメインセールは念のためセカンドリーフです。予報では20~30ノットの風。
heading to point p

navi_20110619155117.jpg
Point Perpendicularを出るまではモーター走行です。
*Light house at Point Perpendicular*
light house at point perpendicular
絶壁が続きます。大航海時代のエンジンンない船だったら、こんなに近くに寄ったら命取りでしょう。
sharpe cliffs

both sails up

main reefed

外に出ると、風は90-120度で体感風速は10ノット程度。でもスピードはかなり高速度がでました。
choppy water

good speed

Point Perpendicularから離れるんしたがいUp wind60度に変わりました。風も強くなったので、速度は
風の強さもどんどん上がっていきまいした。今日はかなりな快速です。
getting splashed

too windy

でも結局9時ごろには、風速が突風時には30ノットまだ強まり、風もさらに前方に移動。とうとうモーター走行に変えました。最終的にはちょっぴり出していたヘッドセールもしまいました。強風でヘッドセールがぶんぶん振動し始めたのでダメージを与えそうで心配になったからです。
*Too windy*
too windy2

目的地Crookhaven Riverの今日の満潮は12時。潮が満ちていくタイミングで川に入りたかったので遅くてもランチタイムには河川口に着く必要がありましたが、早く着けばそれに越したことはありません。
快速を続けたので、10時ちょっとすぎには、すぐそこまでやってきました。
crookhaven river ahead

channel.jpg
チャンネルの入り口あたりには波が岩場にあたってブレイクしていました。そのとき、ラジオからはShoalhavenのVMRがラジオで”河川内の船舶に注意。現在突風30ノット”と連絡するのが聞こえました。

reef_20110619160010.jpg
その岩場の波のすぐ横をジェットスキーが駆け抜けていました。かなりなスリルでしょう。
jet ski

チャンネルの入り口はかなり広く、なんなく入りました。風の方向が陸側からなので、こころもち風の強さが弱まった気がしますが、それでも水面をしぶきがとびちっていました。

inside the reef
中に入っていくにつれ、どんどん水面が穏やかになってきました。
going through the channel

going through the channel2

going through the channel3
*Greenwell Point*
greenwell point

greenwell point2
この時点でVMR Shoalhavenに到着を報告。Greenwell Pointの漁船ワーフにラフティングできるかどうか聞いてみました。すると”VMR所有のモーリンに係留していいよ。”と教えてくれたのです。ラッキー!!
モーリンは、碇を下ろそうと思っていたところにあるようです。
heading to the anchorage

heading to the anchorage2
他にも沢山ボートが係留されていました。
other boats
11時、VMRの頑丈そうなモーリンをピック。早速ディンギーを降ろしてGreenwell Pointに出かけます。
loon on mooring
*Greenwell Point*
greenwell point town
パブリックのフローティングポンツーンにディンギーをつなぎ、釣りをしていた人に教わったパブにランチに行きました。お腹ぺこぺこです。
greenwell point town2

*Lunch at the Pub*
[ub
パブのビストロはまだ早い時間だったのでランチの人もまばらでした。12時になったばかりです。
lunch at the pub

lunch at the pub2

パブではVMR主催のくじがありました。お肉の盛り合わせが当たります。残念ながら当たりませんでしたが
ただでモーリンを使わせてもらっているので、募金の意味でチケットを買ったので気になりません。
lunch at the pub3

お腹が一杯になったので眠くなってしまい、すぐにヨットに戻りました。風はまだ少し強いのですがモーリンにいるので心配なし。風力発電、大活躍です。

6月19日(日)

ShoalhavenのVMRはとっても活発です。今日はVMR主催の日曜マーケットがありました。
*Loon at VMR mooring*
loon on vmr mooring
*Shaw creek*
shaw creek
*VMR Sunday market*
market_20110619163140.jpg

マーケット自体はとっても小さく、お店は10件ほど。食べ物はソーセージを焼く匂いがしました。いつもなら私はソーセージロールはあまり好みではないのですが、ソーセージのお店はVMRの屋台でした。そこで、これも募金の気持ちでソーセージロールを朝食に。主人は大好きなステーキサンドイッチが売っていればどこで食べてもハッピーです。屋台には何人かのVMRの制服を着たおじさんたちがいました。私たちが彼らのモーリンを使わせてもらっているというと”Blue Loon?昨日ラジオで話したよ。"とすぐにわかりました。ShoalhavenのVMRは活発らしくボランティアにもかかわらずかなりな人数が所属しているようです。
Jervis Bayに着いたとき、Jervis BayのVMRが応答せず、かわりに私たちの交信を聞いていたShoalhaven
が応答してくれ、到着報告をリレーしてくれたんです。”木曜日にラジオで話したのは私ですよ。”とすでに数人と話をしていました。声だけでしたが、なんだか親近感が一挙にわきます。
主人は結局、ステーキサンドの後にソーセージロールも注文。売っていたVMRのクッキングブックも買ってしまったぐらいです。
market2_20110619164120.jpg

market3_20110619164119.jpg

yummy_20110619164118.jpg

でもボランティアにもかかわらず、交代で24時間体勢で見守ってくれているVMRの人たちの助けになるのならとてもうれしいです。

スポンサーサイト

<< フリースタンプセット | ホーム | Ulladulla - Darling Road @ Jervis Bay >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。