FC2ブログ

プロフィール

Sailing Stamper

Author:Sailing Stamper
主人と私と猫のももちゃんとオーストラリア在。
2009年4月より、44フィートのヨット「Blue Loon」号に引越し船上生活を始める。
同年7月にシドニーを出発し、QLD州Whitsundaysに向け北上。12月にシドニーに戻り引き続き南下。
2010年3月、東海岸の最南端港Edenに到着。4月、再度QLD週を目指し北上の旅第2弾を開始。
船上生活のかたわら、趣味の手作りグリーティングカード作成も継続。シドニー在住時には、マーケットで販売したり、カード作り教室、ワークショップなども開催。

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

Sailing Stamperへのお便り/e-mail to Sailing Stamper

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

カテゴリ

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに達成オーストラリア一周!!

6月1日(水)

朝になるとお天気はいいものの、風は予報よりも強まっていたようです。

Edenまでは3時間ほどで行けるのでここを出る前に岸に上がることにしました。
from the beach

ビーチにはサーフ波が押し寄せており上陸は容易ではありませんでした。タイミングを見計らって飛び降りるような格好でビーチに上がりました。
すぐよこに階段があり登っていくとピクニック場がありました。
camping site

signage_20110603104538.jpg
Blue Loonの美しい船体も見えます。
loon_20110603104537.jpg
国立公園で道路もきちんと整備されていました。倉庫遺跡への道もちゃんと表示がありました。
storehouse ruin

storehouse ruin2

storehouse ruin3

walabee.jpg

さて、いよいよ出発です。碇泊地から外を見ると、切れ間なく数メートルの波がチューブになってブレイクしており、とても出られるような気がしませんが、実はジグザグにチャンネルがあります。波の切れ間に向かって出発!
*Going out of the creek*
out of bitangabee

out of bitangabee2
*Port side *
port.jpg
船の両側には、数メートルの波が。
*Starboard side*
starboard.jpg
チャンネル内でもかなり激しく正面からの波がやってきましたが、さすがBlue Loonここでも頼もしく突っ走っていきました。不安感は全くありませんでした。
starboard2.jpg
後ろを振り返ると、チャネルを越したことがわかります。
thourhg the channel
かなりの揺れでももちゃんはがんばって耐えているようです。
momo coping
引っ張ってきたディンギーもがんばっています。
dinghy coping

予報では10から15ノット程度の風のはずが20ノットを軽く超えていました。そのため細かいシャープな波があちこちに。このあたりは海流も激しく、北上する場合は海流に逆らうことになるので、海も荒れやすくなります。
rather choppy sea

rather choppy sea2
11時45分、岸壁から十分離れて少し波が穏やかな深さになってからセールをあげました。前方からの風なので、念のためメインはセカンドリーフです。
*Reefed in *
sails up

sails up2
Edenはあのすぐ先にあります。途中、風向きが数回代わりモーター走にとセール走行を頻繁に繰り返し、いよいよTwofold Bayに入港方角になってから、やっと安定したセール走行になりました。

せっかくのオーストラリア一周、最後はセーリングで決めたいものです。
*Eden is just overthere*
eden just over  there
*Heading to Eden*
heading to eden

午後1時30分、EdenのあるTwofold Bayに差し掛かりました。
*Going into Twofold Bay*
going in to twwfold bay

going in to twwfold bay2
そして午後1時50分、湾内に入ったのでVMRに航海終了を報告。オーストラリア一周したことを告げると無線の向こうから”すごい!おめでとうございます。Eden滞在を楽しんでください”と祝福を受けました。
*We did it !!*
we did it

約15ヶ月前に訪れたEden、見覚えがあります。さっきまでは周遊達成に対して寂しいような複雑な気分でしたが、今はやり遂げた達成感で一杯です。
さあ、これからは行ったことのある海ばかり。未知の場所への期待感はないものの、不安はありません。これからは本当にリラックスして毎回の航海を楽しめます。それに、今後シドニーまでの道のりはいずれも50マイル以内程度のショートコースばかり。もうオーバーナイト走行の必要もありません。
*Eden*
eden.jpg
*Snug Cove*
snug cove
Sung Cove内でビジターが接岸するジェッティーで場所を探しましたが、漁船で一杯でした。結局、昨年繋いだ、大型船舶荷物積み出し用ジェッティーに接岸することにしました。
snug cove2
おもしろいことに、すでに漁船が一隻いたので、その後方に繋ごうとして、昨年と全く同じ場所だということに気がつきました。
tide up at the jetty

tide up at the jetty2

お昼ごはんをかねて、フィッシュアンドチップスからフィシャーマンバスケットをTake away。
冷やしておいたシャンペンで乾杯です!!
*Cheers*
cheers.jpg

celebration dinner

その匂いをかいだのか、ここでもあざらしがヨットの周りを泳いでいました。
*Seal again*
seal at snug cove

seal at stern


これから私たちにとって6月1日は大切な記念日となりました。

スポンサーサイト

<< Eden - Bermagui | ホーム | Bittangabee Creekでの不安な夜 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。