FC2ブログ

プロフィール

Sailing Stamper

Author:Sailing Stamper
主人と私と猫のももちゃんとオーストラリア在。
2009年4月より、44フィートのヨット「Blue Loon」号に引越し船上生活を始める。
同年7月にシドニーを出発し、QLD州Whitsundaysに向け北上。12月にシドニーに戻り引き続き南下。
2010年3月、東海岸の最南端港Edenに到着。4月、再度QLD週を目指し北上の旅第2弾を開始。
船上生活のかたわら、趣味の手作りグリーティングカード作成も継続。シドニー在住時には、マーケットで販売したり、カード作り教室、ワークショップなども開催。

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

メールフォーム

Sailing Stamperへのお便り/e-mail to Sailing Stamper

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

カテゴリ

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gabo Island(VIC)-Bittangabee Creek(NSW)

5月30日(月)

昨日碇泊場所を変えたので、一昨日の夜とは比べ物にならないぐらい快適な夜を過ごしました。今日の目的地Bittangabee Creekまではたったの20マイルほどでNSW州ないです。
昨年3月に訪れたEdenまではBittanga Creekから11マイル。Edenに着けばオーストラリア周遊セーリングが終了してしまうので、その前にもう一箇所新しい場所に止まることにしました。

朝食を済ませ午前9時50分に出発。
10時半に島をぐるっと回り進行方角に合わせてコースを設定しました。いい感じのDownwindでしたが、直線距離を進もうとすると150度以上の角度なってしまうので、120度にあわせて進み、後でタックして海岸線にもどることにしました。

11時半すぎ、風の方向がどんどん変わり始め、さらに後ろに変化。ヘッドセールが時々ばたばたしてしまいます。しばらく四苦八苦しましたが、結局スピニカポールを上げてヘッドセールを固定、メインを反対側に移す”観音開き”で走行することに。
これでスピードは6ノットアベレージとなりました。
ビクトリア州とNSW州の境目はお昼ごろに越え、その模様をビデオに収めていたのですが、その後、寄ってきたイルカをBowで撮影していたところ、なんと波しぶきがカメラにあたり、いきなりカメラがストップしてしまったんです。バッテリーがなくなったのかもしれないのですが、スイッチオンできなくなり、ショック!!
spinnikar pole

仕方なくいつものデジカメを持ち出しました。実はこのデジカメも、昨日からズームが作動しなくなり、おまけに他のスイッチも時々反応しなくなってきたのです。スイッチオンするとときも、パンパンとたたかないとオンしないこともあり、この2年、潮風にもまれてきたせいでしょうか、いよいよ寿命が近づいてきたのかも?!
でも、とりあえずイルカ撮影。何度見てもイルカは可愛いです。とくに東海岸のイルカたちは遊び心が旺盛で1時間以上もヨットに近寄っては離れ、波しぶきをサーフィンして私たちを楽しませてくれました。
*Playful NSW dolphines*
playful dolphine

playful dolphines2

playful dolphinnes3

playful dolphine4

dolphine surfers

playful dolphinnes4
*NSW !*
nsw.jpg

skipper_20110602144703.jpg

dinghy_20110602144702.jpg
*Good speed*
nice speed

午後3時近くになって目的地のBitangabee Creekが見えてきました。
ここは外から見ると岸壁が続いているように見えるのですが、岩場をさけてジグザグに進んでいくと小さな入り江が広がっているのです。
*Going into Bitangabee Creek*
going in bitangabee
岩場には波がクラッシュしていましたが、近づくと真ん中に穏やかな海面が見えてきました。そこがチャンネルです。
going in bitangabee2

going in bitangabee3

going in bitangabee4
地図で見るとこんな感じの場所です。
bitangabee creek map
中に入ると途端に海面は穏やかになっていました。小さな入り江ですがとっても綺麗な場所です。
bitangabee creek map2
碇泊場所を探しているときに、海面に変なものが!と思ったらなんとアザラシ。魚でも食べているのでしょうか、逆さまになって浮かんでいました。
*Seal*
seal upside down
*Looking for the anchorage*
looing for the anchorage

looking for the anchorage2
地図に載っていた小屋の前あたりに碇を降ろしました。午後3時30分。
*Anchored*
anchored_20110602150927.jpg

anchored2_20110602150927.jpg
とっても平和できれいな場所。でも穏やかな天気の時にしかこれない場所なので、ほとんどここに立ち寄るヨッティーはいないそうです。すでにEdenの港が11マイル先にあるので、普通は通り越してEdenに行ってしまいます。この日も2隻のヨットが、Lake Entrance 方面から同じ方向に進んでいたのですが、両方ともEdenに行ってしまいました。
航海終了を報告したEdenのVMRの人も、私たちがなぜBittangabee Creekに泊ったのか不思議そうな反応をしていました。

スケジュールのない私たちならではの途中下車です。

日が暮れて時間が経つに連れて、風が収まってきました。そのため、潮の流れに影響され船体が外からのうねり波に向かって横向きになってしまったんです。結果、ものすごい横揺れが時々やってきます。
夜がふけるに着け、ますます激しく揺れだし、ひと晩中悩まされました。
キッチンカウンターに洗ったまま出していた食器が、ゆれで床に落ちてしまったぐらい、激しく揺れたんです。

ほとんど眠れないまま、朝を迎えました。
スポンサーサイト

<< Bittangabee Creekでの不安な夜 | ホーム | Lake Entrance - Gabo Island >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。