FC2ブログ

プロフィール

Sailing Stamper

Author:Sailing Stamper
主人と私と猫のももちゃんとオーストラリア在。
2009年4月より、44フィートのヨット「Blue Loon」号に引越し船上生活を始める。
同年7月にシドニーを出発し、QLD州Whitsundaysに向け北上。12月にシドニーに戻り引き続き南下。
2010年3月、東海岸の最南端港Edenに到着。4月、再度QLD週を目指し北上の旅第2弾を開始。
船上生活のかたわら、趣味の手作りグリーティングカード作成も継続。シドニー在住時には、マーケットで販売したり、カード作り教室、ワークショップなども開催。

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

メールフォーム

Sailing Stamperへのお便り/e-mail to Sailing Stamper

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

カテゴリ

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Refuge Cove @ Wislons Promontory

5月18日(水)

久しぶりに、ほんど揺れを感じない穏やかな夜でぐっすり眠ることができました。接岸していても常に波の影響を受けていたCurrieの港とは大違いです。

朝食の後、早速ディンギーをおろし上陸準備開始です。

ディンギーに乗り込み岸に行こうとしていたとき、一隻のボートが入ってきました。ビーチに向かう途中でボートに近づき挨拶をしました。Interludeというヨットで、Collinさんが一人で航海していました。メルボルンから一睡もせずにオーバーナイトで航海してきたそうです。明日一緒にドリンクをしてお互いのセール話を交換することにしました。

碇泊している場所からは離れた反対側のビーチにサインらしきものを見つけたので、そこに上陸しました。
signage_20110523140548.jpg

signage2_20110523140548.jpg
ビーチの奥にレンジャーの小屋があり、そのさらに奥にはキャンプ場もありました。

*Camping site*
camping site

beach_20110523140546.jpg

camping site2

signage3_20110523140935.jpg
*Blue Loon and Interlude at anchorage*
loon and interlude
Blue Loonの碇泊地の方にビーチ沿いに歩いていきました。
beach walk
途中で道が途切れたのでブッシュの中にも戻ると、また別のキャンプ場に当たりました。そこにはボートでここに訪れた人たちが残していった看板が沢山ありました。Whitsunday諸島のMiddle Percy Islandのようです。
*Visitor board*
visitor board

visitor board2

visitor board3

refuge cove

refuge cove2

bush walk

bush walk2
*Blue Loon at anchorage*
loon at anchorage in refuge cove

loon at anchorage in refuge cove2

ウォーキングトラックの先には碇泊地のビーチ、Refuge Cove Beachが広がっていました。美しい緑の森に囲まれて浮かんでいるBlue Loonは本当に美しく、数ヵ月後にはこのボートとお別れすることになるわけで、本当に残念な気持ちです。

*Refuge Cove beach*
refuge cove beach

*Interlude at anchorage*
interlude at anchorage

refuge cove beach2
私がビーチでうっとり景色を眺めているうちに、主人はどこかに消えていきました。
しばらくしてブッシュの奥でかさこそ音がして緑が揺れ何か大きな動物がこちらに向かって動いてきました。"何者?”と思って見つめていると。。。。主人でした。
この先いきどまりだった、と戻ってきました。
bush walk3

持参したバナナやりんご、オレンジをランチ代わりにビーチで食べてさらにビーチ沿いの岩を伝って歩き続けましたが、途中で岩場が急になってきたのでやめてボートに戻りました。
ディンギーは反対側のビーチにおいてきているのでまたもとの場所まで歩きです。

いい運動をした後、午後は船内でゆっくり過ごしました。

この日から、土曜日に出発するまで、ずっとRefuge Coveで過ごしました。
途中、夕食に招待したり、お互いのボートを行き来してInterludeのCollinさんとはすっかり仲良くなりました。
70代には見えない元気なCollinさんは長い間高級ホテルのマネージャーとしていろいろな場所を渡り歩いたそうです。タスマニアの農場で引退していた後、このままどんどん年老いていく前に念願だったオーストラリア一周をはたすべく、タスマニア州を数ヶ月前に出発したそうです。
ボートの運送スキッパーをしていた頃、NSW州やVIC州には何回もいったことがあるそうで、次はEdenまで止まる場所がないと思っていたのですが、途中にLake Entranceというきれいな港町があることを教わりました。
Collinさんはそこに数週間滞在するそうです。進行方向が同じなので、次は一緒に航海することにしました。

King Islandで足止めを食っていた間、私は数十年ぶりに鉤針編みを始めたんです。
寒くなってきたので編み物が丁度良く、カードメーキングと違い道具を船内のテーブル一杯に広げなくてもいいので手軽にできる趣味です。小さいモチーフを沢山つなげていくつもりなので、走行中にデッキでも編め、とてもいい暇つぶしとなります。
crochet.jpg
最初に買った3つの毛玉はRefuge Coveにいる間に使い切ってしまいました。
crochet2_20110523142142.jpg

Collinさんがあまったパイ生地をくれたので、自家製ミートパイを主人が作りました。
美味しかった!!これ以外にも、りんごとジャムを入れたデザートパイも作りました。
Refuge Cove滞在中にパンを切らしたので、代わりにアップルパイの朝食を楽しみました。
*Homemade meat pie*
home made meat pie

home made meat pie2
揺れも全くなく、気温あったかいのでももちゃんもアクティブになってきました。
momo_20110523142616.jpg


スポンサーサイト

<< Wilsons Promontory - Lake Entrance | ホーム | Sailing Bass Strait-King Island - Wilsons Promontory >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。