FC2ブログ

プロフィール

Sailing Stamper

Author:Sailing Stamper
主人と私と猫のももちゃんとオーストラリア在。
2009年4月より、44フィートのヨット「Blue Loon」号に引越し船上生活を始める。
同年7月にシドニーを出発し、QLD州Whitsundaysに向け北上。12月にシドニーに戻り引き続き南下。
2010年3月、東海岸の最南端港Edenに到着。4月、再度QLD週を目指し北上の旅第2弾を開始。
船上生活のかたわら、趣味の手作りグリーティングカード作成も継続。シドニー在住時には、マーケットで販売したり、カード作り教室、ワークショップなども開催。

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

メールフォーム

Sailing Stamperへのお便り/e-mail to Sailing Stamper

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

カテゴリ

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sailing Bass Strait-King Island - Wilsons Promontory

5月16日

ひっきりなしにやってくる低気圧の隙間をぬって、やっと今日Currieを出られます。
Wilsons Promontoryまでは24時間ちょっとでいける距離なのでお昼12時という遅めの出発です。
風は少し弱いものの、湾の入り口のあたりにはまだまだ大きな波が押し寄せていますが、これを乗り越えないことには出られません。
*Preparing for leave*
leaving currie

leaving currie2

島をぐるット回るのでしばらくは向かい波の中パンチングして進みます。
leaving currie3

leaving currie4

leaving currie5

4メートル近くある波を乗り越えて、こんなときはBlue Loonの強靭なエンジンが本当にありがたいです。
左右、上下に大きく揺れても、恐怖感は全くなく、一瞬、大きな波でBowが海面下に沈んでしまうかと思ったときもありましたが、Blue Loonは力強く浮上、波の上を突き進みました。
leaving currie6

leaving currie7

leaving currie8

leaving currie9

leaving currie10

leaving currie11

leaving currie12
湾の入り口から離れるにしたがって、波が少しずつ緩やかなになっていきました。
leaving currie13
午後3時半、北に向かって方向転換です。Down Wind120度で20ノットから25ノットの強さの風。メインセールは上げずにヘッドセールだけ大きく広げました。平均速度6ノットと快速です。

心配していたBass Straitの大波ですが、かなり小さくなっていました。後ろから波に押される格好で進んでいくのでそれほど気になりません。それでも時々押し寄せてくる波がSternを乗り越えて
コックピットまで水しぶきをかぶりました。

そのまま順調にセール走行を続け、夜になって行きました。だんだん風が弱くなっていき風の方向も120度から150度と、どんどん真後ろに近い方角に変化していきました。それでも何とか5ノットを保ちました。私のウォッチが始まった午後10時ごろには平均速度は4.5程度に落ちていました。

5月17日(火)

Bowのベッドの上で何やら音がします。主人がスピニカポールを設置しているようです。
スピニカを揚がるほど風が弱まってしまったのか?!と思ってデッキに出て行きました。どうも風向きはどんんどん真後ろに移動してしまい、ヘッドセールも膨らまないぐらいになってしまったようです。私が寝ていたのでメインセールを上げることができず、主人はスピニカポールにヘッドセールをつけて、なんとかスピードを保とうとしていたようです。
が、やっとの思いでスピニカポールを立てた後、風はセール走行できないぐらい弱くなってしまいました。
結局ヘッドセールはしまうことになり、メインセールを上げてモーター走行に変更です。

最初、Wilsons Promontoryまでは120マイル程度だと思っていたのですが、実は島をぐるット回る距離を加算するのを忘れていたので、実際はもっと遠かったんです。そのため平均速度は5ノットをキープしないと、明るいうちに到着できないことになりました。モーター走行で遅れを挽回です。
*Much calmer today*
much calmer

午前10時ごろ、イルカの群れがやってきました。10頭近いイルカがヨットの周りを囲んで、あっちこっちでジャンプしました。かなり陽気なイルカたちのようです。
dol2_20110523133046.jpg

dol3_20110523133045.jpg

dol4_20110523133045.jpg

dol5_20110523133044.jpg

dol6_20110523133044.jpg

dol7_20110523134501.jpg
午後1時半、Wilsons Promontoryにちかくなって前方におもしろい岩ありました。真ん中に大きな穴が開いています。Fantom Islandです。
not very far to go

funny rock

Wislons Promontoryは国立公園になっており、緑が豊かでとても美しい場所です。
碇泊する地のRefuge Coveはその名の通り、東から以外はどの方角の風からも守られています。
この季節、このあたりで東風が吹くのはきいたことがないので全く心配ありません。

light house
*Coming in Refuge Cove*
coming in refuge cove

coming in refuge cove2

coming in refuge cove3

fishing_20110523134711.jpg

marker on the hill

coming in refuge cove4

奥に入るに連れて、どんどん海面が穏やかになっていきました。外からの波のうねりにも影響されない平和な碇泊地なようです。
午後4時、碇を降ろして航海終了。
*Anchored*
anchoreage ahead

anchored_20110523135016.jpg

anchored2_20110523135016.jpg

anchored3_20110523135015.jpg

anchored4_20110523135015.jpg

anchored5_20110523135443.jpg
ここしばらくは全く風がない日々が続くので、ここに滞在しますが、きれいな場所なので楽しみです。
今日はゆっくりして明日岸を探検に行きます。

気温も、タスマニア州と比べれば断然暖かく、久しぶりにデッキで夕食を取りました。
とてもきれいな月夜でした。
beautiful night

dinner_20110523135442.jpg
スポンサーサイト

<< Refuge Cove @ Wislons Promontory | ホーム | とりあえずの近況 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。