FC2ブログ

プロフィール

Sailing Stamper

Author:Sailing Stamper
主人と私と猫のももちゃんとオーストラリア在。
2009年4月より、44フィートのヨット「Blue Loon」号に引越し船上生活を始める。
同年7月にシドニーを出発し、QLD州Whitsundaysに向け北上。12月にシドニーに戻り引き続き南下。
2010年3月、東海岸の最南端港Edenに到着。4月、再度QLD週を目指し北上の旅第2弾を開始。
船上生活のかたわら、趣味の手作りグリーティングカード作成も継続。シドニー在住時には、マーケットで販売したり、カード作り教室、ワークショップなども開催。

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

Sailing Stamperへのお便り/e-mail to Sailing Stamper

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

カテゴリ

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出発準備開始!!

5月15日(日)

はやくも5月が半分すぎようとしています。そのほとんどはここKing Islandで過ごしていますが、今朝、最新の天気予報を確認したところ、明日の出発を決定。

昨日の午後から風は少しずつ収まりはじめていました。何しろ、おとついは、あまりの強風で船体がジェッティーから離れすぎ、どんなにラインを引っ張っても私が岸に渡り移るには不十分で、私は一日中船内にとじこもっていました。
昨日になって、やっと外に出られるようになったんです。
*Loon at the jetty*
loon at the jetty
どれぐらいすごかったかというと、岸につないでいても右側に船体が傾いているのがわかるでしょうか。風に吹かれているからです。昨日の状態がこれで、かなりましになったほうです。後ろの漁船は、ラインをくくりつけていた部分がもぎ取れてしまいました。

leaning.jpg

leaning2.jpg

港の入り口には次々と大波が押し寄せてきていて、とても外に出られる状態ではありません。
wave breaking into the harbour

どれといって用事はなかったのですが、退屈しのぎに灯台のふもとにある博物館に行ってみました。
例の「食べ物の出ないレストラン」の丁度上のあたりに灯台があります。その隣のベージュの建物が博物館です。
light house and the restaurant

入場料は6ドルと、あまり安くはなかったのですが、中はKing Islandの開拓当時の生活用品や座礁した船の遺留品など、数々のものが展示してあり、当時の様子を垣間見ることができました。
外には鯨の骨が!
whale born

*Museum*
museumu.jpg
灯台の丘からの眺めです。Blue Loonのマストが高々とそびえています。博物館のおじさんも、ここから眺めたのか、私たちのヨットの存在を知っていました。
harbour view from the lighthouse

stormy cloud


これを書いているうちにも、天気はどのどん回復。お日様も照ってきたほどです。すでに朝一番でディンギーは船体の上に乗っけてしまったので、準備といっても、水タンクを満たしたり食料の買出し程度です。
最後に借りていた車を返したら終了。明日はお昼ごろゆっくり出発なので余裕です。

次の目的地Wilson’s Pometaryはビクトリア州の端に近く、ビクトリア州の最後の寄港地となります。
その次は2日間の連続走行でいよいよNSW州、Edenに入ります。Edenにはすでに昨年行ったことがあるので、事実上、そこでオーストラリア一周航海は終了したことになるんです。

Wilson’s Pometaryが、まだ行ったことのない最後の碇泊地となるので、楽しみも二倍。
その前にBass Straitを通るので、波が早めに収まっていることを祈るのみです。

スポンサーサイト

<< とりあえずの近況 | ホーム | 悪天候の毎日 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。