FC2ブログ

プロフィール

Sailing Stamper

Author:Sailing Stamper
主人と私と猫のももちゃんとオーストラリア在。
2009年4月より、44フィートのヨット「Blue Loon」号に引越し船上生活を始める。
同年7月にシドニーを出発し、QLD州Whitsundaysに向け北上。12月にシドニーに戻り引き続き南下。
2010年3月、東海岸の最南端港Edenに到着。4月、再度QLD週を目指し北上の旅第2弾を開始。
船上生活のかたわら、趣味の手作りグリーティングカード作成も継続。シドニー在住時には、マーケットで販売したり、カード作り教室、ワークショップなども開催。

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

メールフォーム

Sailing Stamperへのお便り/e-mail to Sailing Stamper

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

カテゴリ

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

More King Island

次々に押し寄せてくる低気圧のせいで、まだ当分King Islandに滞在となりそうです。

5月9日(月)がこれから数日間で最後の晴れの天気なので、未だ行った事のなかった島の南の端へドライブしました。
島のほとんどは、こんな風景が広がっています。
grassy.jpg

country road
道路の両側には車にはねられわたワラビーやカンガルーの屍骸がごろごろ。
road kill
フェンスを乗り越えて、道路のすぐそばの草を食べていた牛がいました。
cows_20110511101819.jpg

more road kill

cow outside of the fense

道路がさらに森の中に入っていくと道端で日向ぼっこをしているカンガルーやワラビー見かけるようになりました。ほとんどは車の音に驚いて、林の中に引っ込んでしまいますが、中にはかなり近くまで動かず、こちらの様子をじっと見詰めるものもいました。
roo.jpg

roo1.jpg
それよりも、もっと珍しいものを発見。ハリネズミです。つっついても草むらにジットしがみついているようでびくともしませんでした。主人も私も本物の野生を見たのは初めて。
ichidna.jpg

ichidna2.jpg

30分ほどドライブしたところで、島の南端Stokes Point にやってきました。
ここにもKelpがわんさか。
kelp.jpg
Roaring Fortiesと呼ばれる南緯40度を越えた海岸線は、さすがに厳しい様子です。
roaring.jpg

roaring coastline
*South tip of the island*
south itp of island
あっちの端のほうに島の南側の港Grassy Harbourがあります。
grassy overthere

stokes point

stokes point shoreline3

stokes point shoreline2
野生の猫発見。
wild cat

お昼ごはんを食べる場所を探してビーチのある方にドライブしていきました。このあたりは牛が放し飼いになっており、私有地の間に道路が走っています。そのため、入り口と出口のところにはゲートがありました。
*Free range*
free range2

free range

lunch2_20110511103301.jpg

lunch_20110511103302.jpg

次に向かったのはCalsified Forestという太古の木の化石のようなものがある場所に行きました。
*Calcified Forest*
calcified forest

walking track

calcified forest signage
なんだか間のような形をしたものもありました。
calcified forest4


calcified forest3

calcified forest2

帰り道の途中には遠い昔の植民者お墓がありました。9人の子供を連れてイギリスから移民してきた未亡人のお墓でした。タスマニアに植民した後、3人の息子がKing Islandに住み移り牧場を切り開いたそうです。その後彼女も島に移り住みました。生前、この場所によく散歩に来ては、通り過ぎるイギリスからの船を眺めては故郷を偲んでいたそうです。
settelers grave

settelers grave1

settelers grave2

そのあたりには、座礁船の看板がありました。この島の回りとくに南側では沢山の船が沈没したようです。
*Ship wreck signage*
shipwreck singage

shipwreck singage2

さてさて本日のディナーは、真空パックされた本物のKing Island ビーフ。スコッチフィレというかなりいい部分のお肉でおまけにこのサイズ、でもたったの17ドルでした。お肉屋さんだと、ステーキになった2枚で、これぐらいのお値段がつきます。
proper king island beef
こんなに二人で食べられる?なんて思っていたのは無駄な心配でした。あまりの美味しさにあっというまに骨だけになりました。
finished.jpg
ももちゃんにもおすそ分け。
momo gets to taste

King Islandは。。。。美味しい島です。






スポンサーサイト

<< 悪天候の毎日 | ホーム | King Island巡り Part3 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。