FC2ブログ

プロフィール

Sailing Stamper

Author:Sailing Stamper
主人と私と猫のももちゃんとオーストラリア在。
2009年4月より、44フィートのヨット「Blue Loon」号に引越し船上生活を始める。
同年7月にシドニーを出発し、QLD州Whitsundaysに向け北上。12月にシドニーに戻り引き続き南下。
2010年3月、東海岸の最南端港Edenに到着。4月、再度QLD週を目指し北上の旅第2弾を開始。
船上生活のかたわら、趣味の手作りグリーティングカード作成も継続。シドニー在住時には、マーケットで販売したり、カード作り教室、ワークショップなども開催。

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

メールフォーム

Sailing Stamperへのお便り/e-mail to Sailing Stamper

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

カテゴリ

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

King Island巡り Part3

5月7日(土)

毎日天気予報を見ているのですが、明日の午後から月曜にかけて風や波が大きくなるようです。今いるところと、次の行き先VIC州にあるWislon’ Pometry付近の天気も合わせて確認する必要があり、いつここを出るかはそれ次第になります。今の時点で一番早くて来週の水曜日に出発できそうですが、それまでは強い南風が過ぎるまでCurrieの港に滞在することにしました。
車もあるし時間もあるので、島中を回ることにしました。

まずは島の北の端にあるCape Wickhamの灯台に行きました。
*Tallest lighthouse in Australia*
tallest lighthouse in az
1798年にタスマニアと本土の間には大きな隙間(のちに発見者の名前をとってBass Strait)があることがわかってから、植民地シドニーへ向かう輸送船はここを通過してショートカットをし始めました。が、強い海流や激しい気象条件から、King Islandの周りにでは数々の船が沈没という災難にあっていました。そこで、1861年、タスマニア、NSW、ビクトリア州が費用を分担して52mもの高さがある灯台を作ったのです。
私たちもCurrieに向かう途中のこの灯台の明かりをずっと見ながら航海していました。
*Cape Wickham*
cape wickham signage

tallest lighthouse in az2

view from cape wickham
この灯台の付近には灯台キーパーのためのちょっとした町があったそうです。物資の輸送船がこのVictoria Coveに入ってきたそうです。
*Victoria Cove*
victoria cove

次に行ったのは、すぐ岬を回ったところにあるDisappointment Bayです。名前に反してきれいにビーチでしたが、波が岸にブレイクしていたので、"湾”としては良港ではないからでしょうか。
disapointment bay

disapointment bay2
ビーチにカンガルーの足跡らしきものが。カンガルーと言えば、島をドライブしているとあちこちで車にはねられたカンガルーの屍骸を目にします。舗装されていない道路に当たると、それこそ100メートル置きぐらいの頻度で死んでいるんです。それでも数的には有り余っているようで、誰も気にしていないようです。私たちも、Currieに帰る途中の道で、危うく1匹ひきそうになりました。突然横から車の正面をワラビーが横切り、あわてて主人がハンドルをきりましたが、対向車もいたので、よけるのも結構危険でした。幸い、対向車はのろのろ運転だったので、事故が起こるような状態ではありませんでしたが。
animal footpirnt

disapointment bay3

他にも野生の動物は沢山いて、中でも良くみるのは野生のターキー。ターキーの群れが道路を横切っていまいした。
*Wild turckies crossing*
wild turcky crossing the road

次に訪れたのはLake Martha Lavinia。水面がまっ平らだったので、まるで鏡のようにきれいに風景が反射していました。
*Lake Martha Lavinia*
lake martha lavinia

lake martha lavinia2

perfect reflaction

perfect reflection

そろそろお昼近くになったので、Lavinia Beachに移動。町を出るときにIGAで買い込んだピクニックランチを広げました。
*Lavinia Beach*
lavinia beach

picnic lunch

picnic lunch2

lavinia beach2

そして、最後はNaracoopaの町です。King Islandにはおもに3つの町があり、中でもCurrieは一番大きな町です。他にはGrassyとNaracoopa。いずれも観光シーズンにはホリデーアコモデーションが一杯になりにぎやかなのでしょうが、今はオフシーズン。ひっそりしていました。Grassyの数件のお店は閉まっており、Naracoopaにいたってはカフェやアコモデーションんに付帯のレストランはありましたが、他にお店がある様子はありませんでした。みんなCurrieに来て買い物をするのでしょう。距離的には両方の町まで、Currieから30キロ弱なのでそれほど遠くはありません。
Naracoopaでの見ものはこのJetty。
*Naracoopa Jetty*
naracoopa jetty

naracoopa jetty2

これといって珍しくないのですが、夏にはつりを楽しむ人で賑わったことでしょう。

スポンサーサイト

<< More King Island | ホーム | King Island巡り Part 2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。