FC2ブログ

プロフィール

Sailing Stamper

Author:Sailing Stamper
主人と私と猫のももちゃんとオーストラリア在。
2009年4月より、44フィートのヨット「Blue Loon」号に引越し船上生活を始める。
同年7月にシドニーを出発し、QLD州Whitsundaysに向け北上。12月にシドニーに戻り引き続き南下。
2010年3月、東海岸の最南端港Edenに到着。4月、再度QLD週を目指し北上の旅第2弾を開始。
船上生活のかたわら、趣味の手作りグリーティングカード作成も継続。シドニー在住時には、マーケットで販売したり、カード作り教室、ワークショップなども開催。

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

メールフォーム

Sailing Stamperへのお便り/e-mail to Sailing Stamper

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

カテゴリ

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Port Fairy - Currie @ King Island (TAS)

5月3日(火)

居心地がよくてついつい長居してしまったPort Fairyともお別れです。
次の目的地King Islandはタスマニア州にあたり、これで全ての州を制覇したことになります。ここからは120マリルほどなので、5ノット平均のスピードで24時間。
Port Fairyを出るのは満潮時を狙ってお昼ごろにしました。
まずは、ワーフの向かい側にある給油所に移動して、燃料をトップアップしていきます。
*Fuel Jetty*
the other side of wharfe

loon at the fuel jetty
さっきまで、あそこに係留していました。
that where we were
タンクを万反にして午前11時半、Port Fairyを出発。お天気はあいにくの曇り空。でもこの後もっと崩れていきます。その前に、Port Fairyから十分離れておく必要があります。
*Leaving Port Fairy*
leaving port fairy

sails up
風は今晩になって強まるのですが、それまではせいぜい10~13ノット程度。でも前方30度の角度なのでセールできるぎりぎりの角度をスライスしていきます。スポードはまずまず。向かい風でも波が大きくないのが幸いです。
all right sailing
お天気が悪く、時間がたっても気温があがらないので、ももちゃんは寒いのかクッションとクッションの間で丸くなっていました。
feeling cold

午後1時半、突然前方から轟音が聞こえたかと思ったら、”Rescue”と横文字がはいった小型プロペラ飛行機がすれ違っていきました。私たちをチェックしたようです。その数分後、その飛行機のキャプテン(女性でした)が無線で交信してきました。Northern Territoryでも経験したのですが、レスキューの飛行機だと思っていたら、実はカスタムの飛行機でした。レジストレーションナンバーや行き先、出港元などのお決まりの質問を受けました。大陸のトップとボトムで、カスタムの質問を受けるとは。
その少しあと、ヨットからほんの5メートルほどのところを海草の塊が浮かんでいました。でもその間からひれのようなものが動いていたんです。なんと、海草の陰にあざらしがいました。あっという間にもぐってしまいましたが、ひれをばいばいするように動かしていたので、確かにあざらしです。

その後は特にこれといった変化はなく、時々太陽が照り始め夕方にかけてお天気が回復していきました。

午後8時、私が仮眠に入る前に今晩の強風に備えてメインセールをリーフィング。でもその途端、さらに風が弱まり、モーター走行に変更となりました。
そのまま私のウォッチがはじまる午後10までずっとモーター走行のままでしたが、波がはほとんどなく、その代わりすでにおなじみとなったSouthen Ocean特有の大きなうねりに押されつつ、スピードは平均7ノット近き快速で進んでいました。

12時ちょっと前になって、風が強まったのがわかりました。しばらく風速計を確認した後、主人はぐっすり眠っていたようなので起こさず私の判断で、モーターを止めてみまいした。いつの間にか風は90度から120度近いダウンウインドと変わっており、風速も12から15ノットといい感じの強さです。ヘッドセールを大きく横に出して角度を調整。モーターなしでもスピードは4.5から5.5ノットの間をいったりきたりしてたので、そのままセール走行に変えました。夜が更けても気温はそれほど下がらず、むしろ昼より暖かく感じるぐらいな気持ちのいいナイトセールでした。最近では、オーバーナイトのときは私は寒さで室内にこもり、時々外を見に出るぐらいだったのですが、今晩は、そのまま午前2時のウォッチ終了まで、ずっとデッキで過ごすことができました。

私のウォッチが終わり主人と交代した少しあと、風が強まってきたのか、左右に時々大きく揺れるようになりました。波が大きくなってきたようです。ヘッドセールを巻きいれている音もしました。後で聞いたら、そのときは突然スコールのような雨で、風速が26ノットにもなっていしまったそうです。
それからどんどん風が強まっていたようで、寝ていても右に左にとゆらゆら揺れるのを夢の中で感じていました。時々、ふわっと体が浮き上がったしました。

5月4日(水)

午前7時、外はまだ薄暗いようでしたが、主人に起こされました。”あと少しで入港するから、もうすぐセールをしまうよ。”というのです。ひと晩中平均速度7ノットの快速だったので、予定よりもかなり早く着いてしまうようです。とりあえず、太陽は昇ってきたので入港には問題なさそうでした。
が、外に出てみると、かなりシャープな波が打ち寄せてきています。”天気予報を確認したら、当初の予報よりも早く低気圧が近づいているんで、早く着いてよかった”と主人が言いました。

南緯40度はRoarng Fortiesというあだ名で呼ばれて大航海時代から、セーラーの間では恐れられています。King IslandのCurrieはほぼ40度。さすが波の荒さが違うな、と変に感心。怖いと言うより、敬服、と言う感じでした。
*Roaring forties wave*
almost forties

roaring forties waves

roaring forties waves2

windy morning

roaring forties waves3
セールをしまうために、風に真正面になるように方向転換すると、波を正面から受けることになります。時々かなり大きな波を越えることになり、その波と波との谷間に入り込んだときには、一瞬、Bowが海面下に入ってしまわないか、とひやっとしましたが、さすがBlue Loon、力強く起き上がり、軽々3メートルちょっとの波を乗り越えていきました。Bowは全くぬれませんでした。こんな時、本当にBlue Loonのよさを痛感します。
*Heading to Currie Harbour*
heading to curries
Currieの港は、思ったよりも小さめで、おまけに港内に岩がごつごつあるんです。そのためリードという入港のラインを示す印を正確にたどっていかないと危険なことになります。
主人はいつになく真剣そのもの。かなり緊張しているようです。
serious skipper
*Rocks everywhere*
rocks everywhere2

follow the leads

港の入り口に大きくせり出した岩場があり、そのすぐ近くを通り過ぎないといけません。その後は、また正面にある岩に向かって一直線に進み、突然右にまがります。岩にぶつかりはしないかと、ひやひやしましたが、リードをたどっていくとそうなるのです。
これまで数々の港や碇泊地を経験してきましたが、Currieはこれまでで一番といっていいほど入港が難しい港でした。特に、今日のように風がかなり強まっていて小型のシャープな波に押されているときはなおさら。主人は、あらかじめGoogle Earthで地形をチェックしており、かなり難所だということは知っていたようです。早めに着きたかった理由のひとつは、あまりにも波が大きくなってからだと、入港自体が危険になり、不可能になると知っていたからでした。

ここでは、Exmouthにいるときに知り合ったご夫妻のモーリンを借りることになっていました。そのモーリンの場所も最初は、わからず、狭い港内を岩や他の漁船をよけながら苦労して探したのですが、電話をかけてやっとのことで見つけました。

午前8時30分、ついにモーリンをピックアップして、航海終了。天気が崩れる前に、モーリンにエクストラのロープを渡しました。これで、一安心。朝食はまだでしたが、とりあえず一眠りすることにしました。

その後も、曇りと雨がち、強風の一日だったので(あまりの強風で風力発電のプロペラを一時止めました。)船内で眠ったり起きたりと、ゆっくり休みました。それにしても、寒い!!
さすがタスマニア州。
*Moored*
moored_20110505161335.jpg

moored2_20110505161335.jpg

moored3_20110505161334.jpg

harbour_20110505164127.jpg

harbour2_20110505164127.jpg




スポンサーサイト

<< King Island巡り Part 1 | ホーム | ここ最近の作品 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。