FC2ブログ

プロフィール

Sailing Stamper

Author:Sailing Stamper
主人と私と猫のももちゃんとオーストラリア在。
2009年4月より、44フィートのヨット「Blue Loon」号に引越し船上生活を始める。
同年7月にシドニーを出発し、QLD州Whitsundaysに向け北上。12月にシドニーに戻り引き続き南下。
2010年3月、東海岸の最南端港Edenに到着。4月、再度QLD週を目指し北上の旅第2弾を開始。
船上生活のかたわら、趣味の手作りグリーティングカード作成も継続。シドニー在住時には、マーケットで販売したり、カード作り教室、ワークショップなども開催。

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

メールフォーム

Sailing Stamperへのお便り/e-mail to Sailing Stamper

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

カテゴリ

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

American River - Antechamber Bay (@ Kangaroo Island)

*Kelly and Claudia from Astray*
kelly and claudia

4月16日(土)

昨晩は隣に係留されているAstrayのKellyさんとClaudiaさんご夫妻と一緒にローカルコミュニティクラブに夕食にでかけました。
昨日のうちに出発準備を終え、今朝はゆっくり目の午前10時半、アメリカンリバーのモーリンから離れました。今日の行き先は同じカンガルーアイランドの隣の湾にあたるAntechamber Bayで、ほんの25マイルほど先です。それほど遠くないのと、アメリカンリバーの入り口がかなり浅いため、満潮に変わるのを待っての出発だったので10時すぎとなりました。
*Saying Goodbyeto Astray*
astray.jpg

kelly and claudia on astray
*Leaving American River mooring*
leaving amrican river mooring

leaving amrican river mooring2
お天気がいいので、アメリカンリバーの風光明媚を一層引き立てていました。
beautiful american river
干潮から満潮に移動する途中なので、すぐ先のPicnic Pointの浅瀬はくっきり見えます。
*Picnic Point*
picnic point ahead

ここからマーカーに沿って走行で、最後の2つめあたりがとても浅くなっています。来るとき満潮時に近い状態だったのですが、水深が0になってしまった場所ですが、実はチャンネルから離れすぎた場所にいたのです。キャロルさんに教わったようにマーカーから10メートルほどに近づいて走行していったら、結局一番浅いところでもキール下1.2メートルありました。これなら干潮時でも楽々通過できたでしょう。
*Strawridge Point*
strawridge point
最後のマーカーを離れ、十分な深さがあるEastern Coveに入ってすぐにセールを上げました。
*Into Eastern Cove*
into eastern cove

sails up
今日の風は前方60度で10ノットちょっとですが、角度がいいので、スピードは6.5ノットぐらい出ました。快走です。
Eatern Coveを出て、Backstairs Passageに差し掛かると、潮の流れに逆らう形になったので、スピードは5ノットちょとに落ちました。
オートパイロットにしていたら、コースをうまく保てなくなったので主人はマニュアルで舵を取ることにしました。それほど長時間の走行ではないし、お天気もよく、主人は舵を取るのを楽しんでいました。
*Happy skipper*
happy to sail again
ももちゃんはお天気に引かれてか、室内でぎゃおぎゃおと騒いだのでデッキに連れてくると、ヒールしていたにもかかわらず気持ちよさそうに日向ぼっこをしていました。
heeling but momos ok
*Happy Momo*
happy momo
*Heading to Backstirs Passage*
heading to backstairs strait
午前11時55分、フェリー乗り場のあるPeeeshowを過ぎました。
*Ferry at Penneshow*
ferry at penneshow

反対側からはCape JervisからPenneshowに向かうフェリーがやってきました。
ferry from cape jervis
*Fleurieu Peninsula(main land)on port*
fleurieu peninsula on port

*Cape Coutts on starboard*
cape coutts starboard

Antechamber Bayに向かうためこのあたりでコースを変えるのですが、そうするとほぼ正面からの風になってしまいます。セール走行を続けるためにメインランドのかなりかなり近くまでいってタックすることになりますが、そうすると碇泊地に入る頃には日が暮れてしまいます。そこで、セール走行はあきらめモーターセーリングに変えました。アメリカンリバーの温水シャワーが壊れており1週間近くシャワーを浴びていなかったので、モーターセーリングをするとお湯が沸くので丁度いいです。
碇泊地に着いたらゆっくりシャワーを浴びてさっぱりしよう!

午後1時、Anterchamber Bayに入っていきました。
するとどこからともなくイルカが近づいてきました。赤ちゃんイルカとお母さんイルカなのか、小さいのとその倍ぐらいのサイズのイルカが仲良くならんで泳いでいました。
*Baby dolphine?*
baby dolphine
しばらくはその2匹だけが、ヨットから着かず離れず一緒に泳いでいたのですが、30分ほどすると、前方に5匹ほどのイルカの群れを発見。最初のイルカもこの群れに合流したようです。

それからは、常に3匹ぐらいが交代でBowの波に乗るため、繰り返し繰り返しヨットの回りにやってきました。小型イルカははしゃぐように、何回も空中ジャンプをしていました。
WA州では、あまり陽気なイルカに出会わなかったので、久しぶりのイルカショーに私は思わず奇声をあげてBowに走り寄りました。すると、海面からイルカが体を反転させ、私の方を見るんです。
”変な声を上げているおかしな物体がいる”とでも思ったのでしょうか?頭のいいイルカのこと、きっとヨットや人間のことは知っているはずです。”変に興奮しているおばさんがいるなぁ”ぐらいに思ったのでしょう。
*Dolphines in Antechamber Bay*
dophine in antechamber bay

dophine in antechamber bay2

dophine in antechamber bay3

dophine in antechamber bay4

dophine in antechamber bay5

dophine in antechamber bay6

jumping dolphine

イルカに見とれているうちに、あっという間に碇泊場所にやってきました。Cape St. Albanの灯台の後ろ側に入ると、外からの波のうねりは全く感じなくなりました。
穏やかでとてもきれいな碇泊地です。
午後3時ちょっと前、碇を降ろしました。

*Anchored*
anchored_20110419121501.jpg

anchored2_20110419121501.jpg

anchored3_20110419121500.jpg

anchored4_20110419121500.jpg

anchored5_20110419122206.jpg

お昼ごはんがスナック程度だったので、すぐに夕食の準備を始めました。

午後4時半、マリネしたチキンをローストした物に湯で野菜と焼き野菜を添えてディナーです。
お天気がいいので、久しぶりにデッキで夕食。美味しかった!ワインもついつい進みました。

*Dinner*
dinner_20110419122129.jpg

dinner2_20110419122127.jpg

明日も引き続き移動です。明日はオーバーナイトでRobeに向かいます。


スポンサーサイト

<< Antechamber Bay - Robe | ホーム | Kangroo Island higlight tour >>


コメント

イルカかわいいー

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。