FC2ブログ

プロフィール

Sailing Stamper

Author:Sailing Stamper
主人と私と猫のももちゃんとオーストラリア在。
2009年4月より、44フィートのヨット「Blue Loon」号に引越し船上生活を始める。
同年7月にシドニーを出発し、QLD州Whitsundaysに向け北上。12月にシドニーに戻り引き続き南下。
2010年3月、東海岸の最南端港Edenに到着。4月、再度QLD週を目指し北上の旅第2弾を開始。
船上生活のかたわら、趣味の手作りグリーティングカード作成も継続。シドニー在住時には、マーケットで販売したり、カード作り教室、ワークショップなども開催。

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

Sailing Stamperへのお便り/e-mail to Sailing Stamper

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

カテゴリ

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Adelaide-Rapid Bay - Kangaroo Island

4月11日(月)

午前3時、まだ暗いうちに目覚ましがなりました。アンカーを降ろしているのと違い、マリーナに接岸していると出発するのに時間がかかります。電源コードを抜いたり、水タンクの最終トップアップをしたり、カードキーを返却場所に戻したり。。。と30分は最低かかるので、主人に任せ私はしばらくベッドの中で夢の続きを楽しんでいました。

主人がエンジンをかけたので、眠い目をこすりながらやっと起き上がり着替えを済ませて外に出て行きました。時計をみると、すでに午前4時ちょっと前。それに寒い!!
長袖トックリのスキビーを下着がわりに着て、その上にもう一枚長袖Tシャツを重ね、さらにフリースジャケット、仕上げに防水ジャケットを着込みました。

まだ薄暗い中、North Havenのマリーナを出港しGulf St.Vincentを下っていきました。メインセールを以前のセカンドリーフのまま上げたあとは、日があけるまでモーター走行をしていくことにしたので、私は一旦ギャレーに戻り再び眠りにつきました。

太陽が昇りきったころ、外に出て行くと、曇り空で時々小雨も降っているよう。外は小型のシャープな白波がぴょんぴょんしていました。風向きは残念ながら、予報よりもさらに南東よりになっており、今日はモーター走行の一日となりそうです。Gulf St. Vincentは比較的浅いので、とがった波が立ちやすく、パンチングを余儀なくされそうです。
*Choppy Day*
choppy and mortoring

choppy_20110412103142.jpg

Kangaroo Islandまでは70マイル近くありますが、平均6ノットならなんとか日があるうちに着けるので、当初はそれを目的地として、Kangaroo IslandのAmerican RiverのVMRに航海登録していました。が、モーター走行していても、向かい風と波に妨げられスピードは平均でせいぜい4.5ノットが最高。時には4ノット以下に落ちてしまうこともあり、日のあるうちに着くのは不可能になってきました。
choppy2_20110412103012.jpg

VMRのCarolさんとは、Bightを越えるときから無線でお世話になっており、私たちがK.I.に来るのを楽しみにしてくれていました。今日の航海登録も彼女が受け取ってくれたので、暗くなってもアメリカンリバーに入るのは大丈夫か聞いてみました。思ったとおり、”明るいうちに来た方が安全”とのことで、本土のFleurieu Peninsulaにある碇泊地を教えてもらいました。
Fleurieu PeninsulaのRapid Bayまでは30マイルちょっと。Gulfの真ん中から方向を変えて岸のほうに近づいていくので、そのうち波も穏やかになるでしょう。午後には風も穏やかになるのでスピードはもっと増すはずです。Rapid Bayなら楽々日の明るいうちに到着できるので、今晩はそこで過ごし、明日ゆっくりK.I.のアメリカンリバーに向かうことにしました。

午後1時、Rapid Bayが遠方に見えてきた頃、小雨があがり虹が出ました。
rainbow.jpg
*Fleurieu Peninsula*
fleurieu peninsula

Rapid Bayの隣にはマリーナもあります。とりあえずそこにも問い合わせてみたのですが、半日しか滞在せずに一泊50ドルはちょっと高いと思いました。マリーナに入ると、接岸離岸も面倒になります。
そこで、マリーナは通過して、Rapid Bayに碇を降ろすことにしました。
*Passing the Marina*
passed the marina
*Headig to Rapid Bay*
heading to cape rapid anchorage
この頃には風は、かなり穏やかになっており、波もほとんど気にならないぐらいで、碇泊地は平和そのもの。50ドル節約できて、とてもラッキーな気分になりました。
cape rapid anchorage
よさそうなスポットを見つけた後、念のためぐるっと回り水深を確かめました。深さは十分、ここで碇をおろします。
cheking the depth

*Cape Rapid anchorage*
cape rapid anchorage2

午後3時、碇を降ろしました。時々波のうねりで左右に揺すぶられるものの、気にならない程度です。揺りかごに揺られている程度で、かえって気持ちがいいぐらい。
私は寒さと雨模様が嫌で、一日中ギャレーに引っ込んで、うつらうつらしていましたが、主人は今朝3時から休みなしだったので、かなり疲れているようでした。食事も満足にとっていなかったので、すぐに食事にかかり、午後5時には眠るにつくことにしました。
ひと晩中、ゆっくり眠って休養できました。

4月12日(火)

起きると、すでに7時45分でした。軽く朝食を済ませた後出発です。
K.I,までは25マイルあるかどうかの短距離なので、余裕です。昨日とは打って変わって今日は、お天気もよく、微風ながらもなとかセール走行できそうです。
*Left anchorage*
cape rapid anchorage3

left the anchorage
*Well rested skipper*
well rested skipper
お天気がよさそうだったので、日焼け止めのブルーリップクリームを塗りました。変な顔!
blue lips

午前11時に風が突然止まってしまうまでは、平均速度4.5ノットののろのろ走行ではありましたが、ゆったりとセーリングを楽しむことが来ました。
仕方なくモーター走行開始ですが、昨日と違って今日はまったいらな海でスピードも6ノットで快走です。

1時間ほどでカンガルーアイランドが見えてきてました。
*K.I.*
ki.jpg
お昼ちょっとすぎにはアメリカンリバーに続くEast Coveに入っていきました。
Kangaroo Islandは幅30マイルちょっと、長さ60マイルちょっと、とかなり大きな島です。
*Coming in American River*
coming in american river

coming in american river2

nowind.jpg
まったくヒールせず、穏やかに走行していたので、ももちゃんは安心しきって熟睡。どんなことになっているのか不思議なポーズで眠っていました。
sleeping momo

VMRのCarolさんがモーリンを手配してくれており、入河したことを告げると、場所を教えてくれました。
途中、かなり浅い場所があり水深キールした0メートルに一瞬なりひやっとしましたが、海底を見ると砂地と海草だったので、気にせず進んでいくと、すぐにまた深くなっていきました。ちょっとマーカーから離れすぎたようです。
*Passing the markers*
passing the marker

passing the marker2

houses_20110413171656.jpg
最後のマーカーを過ぎる頃、ボートランプが見えてきました。確かそのあたりにあるモーリンを使っていいことになっているはず。
destination.jpg

american river
ボートランプと黒いヨットの間のモーリンを見つけました。
boat ramp

neighbour_20110413172003.jpg

午後2時半、無事モーリンピックアップして航海終了です。
mooring_20110413172006.jpg

とてもきれいな場所で、これから数日の滞在が楽しくいものになりそうです。
*River entrance*
river entrance

落ち着いてからステーキランチを取った後、曇り空で気温も下がってきたので、午後は室内でテレビを見ながらゆっくり過ごしました。
スポンサーサイト

<< American River @ Kangaroo Island | ホーム | いよいよ出発アデレード >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。