FC2ブログ

プロフィール

Sailing Stamper

Author:Sailing Stamper
主人と私と猫のももちゃんとオーストラリア在。
2009年4月より、44フィートのヨット「Blue Loon」号に引越し船上生活を始める。
同年7月にシドニーを出発し、QLD州Whitsundaysに向け北上。12月にシドニーに戻り引き続き南下。
2010年3月、東海岸の最南端港Edenに到着。4月、再度QLD週を目指し北上の旅第2弾を開始。
船上生活のかたわら、趣味の手作りグリーティングカード作成も継続。シドニー在住時には、マーケットで販売したり、カード作り教室、ワークショップなども開催。

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

Sailing Stamperへのお便り/e-mail to Sailing Stamper

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

カテゴリ

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目的地変更-Crossing the Bight-

3月22日(火) Day 4

目が覚めたらすでに7時になっていた。昨日あたりから体が慣れ、仮眠時間が来るとちゃんと眠れるようになった。ウォッチの時間にも、それほど眠気を感じないようになる。リズムができたようだ。
スピードは平均6.5ノットを保ちセールもちゃんと調整できており、コースに沿ってまっしぐらに進んでいる。
午前8時半、風がさらに東に変化してしまい前方30度となったので10度ほどPort側にコース変更。陸地に向かう方向になるが、そのうち訪れるであろう南西の風を信じて進み続ける。

思えば昨年9月にGulf Of Carpentariaを越えたときに、初めて2日以上の航海を経験して、それは私たちにとって一大事だった。今日で4日目。連続航海記録を着実に更新中。

午前11時、風が少し弱まったのでヘッドセールを目一杯に出す。

お昼近くになり、徐々に風が西に変わりだしたのがわかる。コースをその都度少しずつStarboard側に戻していった。前方60度の角度で平均6ノットを保ち距離を稼ぐ。

午後1時、ついにWA州とSA州の境を越えた!!
*Crossed the borderline*
passed the borderline

sunny_20110327171121.jpg

nice sailing
風はその後少し弱まり、スピードは落ちるものの方向としてはいい感じ。
わたしのウォッチが始まった午後10時少しすぎ、ついに風がぴたっと止まってしまった。
一昨日と同じように、メインセールだけ残しオートパイロットやナビゲーションのスイッチを切る。風がないことにはどこにも行き様がないので、また漂流することにした。
*Again drifted*
again drifted
午前3時、風が出始めた。それも、待望の南西の風だ!!でもあまり強くならず距離はあまり稼げなかったようだった。
*Got SW Wind finally*
got sw

3月23日(水)Day5

*Going still well*
going well
午前6時、前夜リーフインしていたメインをフルにもどる。風は強弱を繰返す。

午前8時、風が少しずつ強くなりそれに伴いスピードもアップ。最初のWay Pointまであと278マイル。南西の風は変わらず安定走行できるようになった。

当初、目的地をPort Linconに定めていたが、この角度なら、うまい具合にCape Catastropheを通り越し本土とKangaroo Islandの間のInvestigator Straitを目指すことができそうだった。そうなればPort Linconに入ることはちょっと回り道となる。主人に、”ねえ、Port Linconに行くのはちょっと面倒かも。行く必要ないよね。”と相談すると、”どうせなら一挙にPort Adeladeまで言ってしまおうか?”と言い出した。一旦Port Linconに入れば再度岬をぐるっと回ってPort Adeladeを目指す場合、2,3日かかるが、このまま前進し続ければ1日余分に走るだけですむ。
ちょっと長めにAdeladeに滞在できることになるので、ゆっくり観光もできるだろう。
決定!一挙にAdeladeまで行くことにした!
風が安定したので、セール調整が必要なくなり主人はできるだけ仮眠を取る。ももちゃんも付き合っているよう。
*Boys resting*
two boys resting

momo_20110327171404.jpg
外にいるとかなり寒いので、ウォッチ中も室内にいて15分おきに外の様子を見に出るだけにした。さすが南極からの風、肌を突き刺すような寒さがある。
お昼過ぎ、風が20ノットを越えるようになったので、念のためメインをまたセカンドリーフに入れる。ヘッドセールも少しにした。安定走行できて、ヒールも和らぎちょっと快適になる。スピードもそれほど衰えなかった。
sailing hard
SA州とWA州には2時間半の時差があり、SA州が進んでいる。境を越えた途端、日が短くなった気がする。体が慣れているので、時計は変えずWA州のままにしてあるが、午後3時をすぎると、すでに夕方の気配が漂い始める。

3月24日(木)Day 6

午前6時、水深メーターのアラームがいきなり鳴った。水深は何千メーターの場所にいるはずなのに。水深がキール下0.5メートル以下になるとアラームがなる。もしかしたらキールの下に何か漂流物が通り過ぎたのか、それともサメか何かがひっついたのか?しばらしくしてもアラームが鳴り止まないので、主人は水深メーターのスイッチを切ってしまった。

風が平均25ノットと強く、大きな波しぶきがコックピットにかかる。
splashed big
波のうねりは大きいものの、逆立つような波にはならず、ゆっくりと数メートルの坂道を上下する感じ。
*Big Wave*
big wave

big wave2

big wave3
*Blowing hard*
blowing hard

一日中快走し続けたのでかなり距離を稼ぐ。午後6時には、ついにVHFラジオが繋がるようになる。これまではHFラジオでSA州のVMRに連絡を取っていたが、VHFで大きくはっきりとコンタクトが取れるようになった。陸が近づいた証拠だ。

午後10時、Way Pointまであとたった80マイル。


スポンサーサイト

<< ついに越えた! Great Australian Bight | ホーム | 決断の時 -Crossing the Bight -  >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。