FC2ブログ

プロフィール

Sailing Stamper

Author:Sailing Stamper
主人と私と猫のももちゃんとオーストラリア在。
2009年4月より、44フィートのヨット「Blue Loon」号に引越し船上生活を始める。
同年7月にシドニーを出発し、QLD州Whitsundaysに向け北上。12月にシドニーに戻り引き続き南下。
2010年3月、東海岸の最南端港Edenに到着。4月、再度QLD週を目指し北上の旅第2弾を開始。
船上生活のかたわら、趣味の手作りグリーティングカード作成も継続。シドニー在住時には、マーケットで販売したり、カード作り教室、ワークショップなども開催。

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

Sailing Stamperへのお便り/e-mail to Sailing Stamper

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

カテゴリ

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No Wind

14日月曜日の早朝にDuek Of Orleans Bayを出発予定でした。
が、夜中杉から落ち着いてしまった風は、明け方になっても穏やかなまま。

天気予報では午前中は北東の風、午後に南東の風に変わるということだったので、早朝出発して大きく外海に向かって走り、風が変わった時点でタックして碇泊先のMiddle Islandに入る、と言う作戦を立てていました。
午前5時、北東の風どころか、”風”が全くない状態でした。1時間待ってもまだ風は立たず、結局出発は中止。いつもなら、”そのうち風が出るだろうから、とりあえず出発しようか。”ということにし、まずければモーター走行するのですが、今回は、Great Australian Bightに向けて出発するまでは、絶対に必要以上に燃料を消費したくないのです。下手に出発して、モーター走行する羽目になるのを避けるため、今日の出発は延期しました。

午後から案の定、南東の風だけは予報どおり、むしろそれ以上の強さで吹き始めました。南東に向かってすう進みたいので、私たちにとっては全く無駄風なのです。風力発電が活躍するので電力を目一杯保てるという利点はありますが。

夜になるに連れてどんどん強まり、おかげで海面があれ左右に結構揺れました。でも、今後5日間以上も連続走行し走行中に眠ることを考えれば、こんな揺れどうってことはありません。そう思うと、気が楽になり、いつもはちょと不満がつのるのですが、ゆらゆら揺れながらぐっすり眠ることができました。

ちなみに、13日からは念のためアンカーではなく、チャーターボート用に設置されている10トン用のモーリンに移動。チャーター船はこの季節にはここには来ないとの事で、Esperanceの人たちの”モーリンに移ったほうが気が楽だよ”とのアドバイスを実行しています。

さて、このあたりの海、いかが沢山連れるんです。教えられたとおりのイカ釣り用のフックをキャンプ場の売店で買ったので試したところ、ものの10分でこんな立派なのが釣れました。
*Good Catch*
got a good catch

cleaned up

*Dinner*
dinner_20110315120349.jpg

結構なサイズだったので、1匹つっただけでお終いにしました。二人分のおかずには十分すぎるほどでした。新鮮でぷりぷりの身を堪能しました。
スポンサーサイト

<< 天気予報とにらめっこ日々 | ホーム | 誰もいなくなったDuke of Orleans Bay >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。