FC2ブログ

プロフィール

Sailing Stamper

Author:Sailing Stamper
主人と私と猫のももちゃんとオーストラリア在。
2009年4月より、44フィートのヨット「Blue Loon」号に引越し船上生活を始める。
同年7月にシドニーを出発し、QLD州Whitsundaysに向け北上。12月にシドニーに戻り引き続き南下。
2010年3月、東海岸の最南端港Edenに到着。4月、再度QLD週を目指し北上の旅第2弾を開始。
船上生活のかたわら、趣味の手作りグリーティングカード作成も継続。シドニー在住時には、マーケットで販売したり、カード作り教室、ワークショップなども開催。

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

メールフォーム

Sailing Stamperへのお便り/e-mail to Sailing Stamper

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

カテゴリ

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lucky Bay - Duke of Orleans Bay

3月11日(金)

午前6時、外が明るくなり始めたので目が覚めました。そのまますぐに出発です。6時20分アンカーを上げました。昨晩の強風と、風向きがかなり変わったにもかかわらず、アンカーはしっかり同じ場所に腰を下ろしており、新しいアンカーに自信を持ちました。
*Leaving Lucky Bay*
leaving lucky bay

sato.jpg

going out of the bay
Bayを出て左に曲がったら、岸沿いに岩がちょこんと、バランスをとるように乗っかっていました。ぐらつくことはないでしょうが、ちょっと押したらごろごろっと動き出しそうでおもしろかったです。
funny rock just sitting

*Mississppi Bay*
mississippi bay
午前7時、久しぶりのDown Windでヘッドセールだけ出して動き出し、朝食を取りました。無線ラジオで、すでにDuke Of Orleans Bayに昨日から来ているデービッドさんが他の船と話しているの聞いたので、こちらからコンタクトしました。思ったよりも弱風なので、到着はお昼ごろになることを伝えました。昨晩は彼らのいた湾は、あまり居心地がよくなく2時間ぐらいしか眠れなかったそうです。

走行スピードが3ノットぐらいしか出ないので、メインセールも出すことにしました。
わたしは気づいていなかったのですが、セールを出すため風に向かって進んでいたとき、行く手にリーフがあったのです。実際には十分距離があったので危険はありませんでしたが、私は認識していなかったので、わかったときには内心ちょっと”ひや”っとしました。

*Reef*
reef over there

*Wave breaking over the reef*
wave breaking over the reef

スピードを少しでもあげるため、久しぶりに”観音開き”です。スピニカポールを出したのは、数ヶ月ぶりでしょうか?
butterfly_20110312114221.jpg

*Heading to Duke of Orleans Bay*
heading to duke of orleans bay

午前9時半、右後方から吹いていた風が左後方に変わったので、スピニカポールを反対側に移動させました。
changin over the pole

changin over the pole2

が、ものの10分で、また反対側に戻ってしまったのです。主人は”ぶつbつ”言いながらも、またもとの場所に戻していました。

湾への入港に向けて少し角度を変えたのと、風がちょっと強まってきたので(それでもせいぜい15ノット程度)スピードアップしました。
now speeding up
Hammer Headを通過すれば、Duke of O Bayはすぐ隣です。
後で知ったのですが、Duke of O Bayにいた人たちが何人かここまでハイキングに来ていて、私たちがセーリングしているのを見たそうです。”かっこよかったよ。”と後で言われて、ちょっといい気分でした。
*Hammer Head *
hammer head

11時30分、いよいよDuke Of Orleans Bay入港に向けて方向転換です。ここで、スピニカポールを降ろしました。Up windになったついでにヘッドセールも巻きいれてしまいました。
coming in the anchorage
碇泊地に近づいても、ぎりぎりまでセール走行していきました。昨日少しモーター走行で燃料を使ってしまったので、急いでいない今日は節約です。
still sailing

先に来ていた人たちのヨットが見えてきました。

12時ちょとすぎ碇を下ろして今日の航海終了です。
the anchorage
一息いれていると、私たちの到着を見たデービッドさんが無線で交信してきました。ランチを済ませて落ち着いたら挨拶にいくことにしました。

*Anchored*
anchored_20110312114435.jpg

anchored2_20110312114434.jpg

anchored3_20110312114434.jpg

anchored4_20110312114434.jpg

momo relaxking
ディンギーを一ヶ月ぶりぐらいにおろし、ビーチに上陸する途中、デービッドさんのヨットに寄りました。昨晩は、ワイルドな夜だったらしく、モーリンに繋いでいたデービッドさんでしたが、そのモーリンの鎖が切れ掛かっているのを発見し、いそいでロープを渡したそうです。明日出発するそうなので、後でまた一緒に一杯やることにして別れました。

反対側の碇泊地からキャラバンパークにアクセスできることを教えてもらい、いって見る事にしました。

上陸したビーチは海草が濃いものの砂地のパッチがあったので、泳ぎたい気分をそそりました。
*Wharton Beach*
wharton beach

wharton beach2
ディンギーを固定して立ち去ろうとしたら、結構なサイズのスティングレイが漂っているのを発見。
*Sting Ray*
sting ray2

caravan parl
キャラバンパークにはちょっとしたスーパーもあることを知り、アイスクリームが食べたくなっても大丈夫だとわかりました。冷凍庫をスイッチオフしているので、当分アイスクリームなしの生活を覚悟していた主人は一安心したようです。
ヨットに戻る途中、先ほどのスティングレイにまた出会いました。ディンギーに興味を示したのか、向こうから近づいてくるのです。
*Sting ray approaching *
sting ray again

just next to the dinghy
ちらっと私たちを見た気がして、その後立ち去っていきました。(泳ぎ去る?)
just next to the dinghy2

just next to the dinghy3

ボートにもどると、デービッドさんのヨットが移動していました。隣にあった50フィートぐらいのヨットに牽引しているのです。明日の朝早くに出かけるつもりなのでしょう。大きいヨットは頑丈なモーリンに繋いでいます。他のヨットの人たちの集まっているようで、最初お誘いがあるまで待っていたのですが、とうとうこちらから連絡しました。
ヨットの名前がわからないのでなんと呼びかけていいかわからなかったのですが、主人が”Party Boat, Party Boat,そこの人が集まってパーティーをしているらしきボート、こちらBlue Loonです。”と呼びかけました。すると”ぼくたちのボートのことですね。”と返答がありました。主人が”二人分の席は余っていますか”と聞くと”もちろん!”と答えてくれたので、早速おじゃますることにしました。

夕食までの1時間ぐらい、彼らのヨットで楽しくおしゃべりしました。
*Party boat*
party boat

rosie at back

loon_20110312132157.jpg

satomi_20110312132156.jpg

party boat and norlee

これから2,3日はこの湾で過ごすことになりそうです。いろいろ探検する場所があるようなので楽しく時間がつぶれると思います。
スポンサーサイト

<< 誰もいなくなったDuke of Orleans Bay | ホーム | Esperance - Lucky Bay >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。