FC2ブログ

プロフィール

Sailing Stamper

Author:Sailing Stamper
主人と私と猫のももちゃんとオーストラリア在。
2009年4月より、44フィートのヨット「Blue Loon」号に引越し船上生活を始める。
同年7月にシドニーを出発し、QLD州Whitsundaysに向け北上。12月にシドニーに戻り引き続き南下。
2010年3月、東海岸の最南端港Edenに到着。4月、再度QLD週を目指し北上の旅第2弾を開始。
船上生活のかたわら、趣味の手作りグリーティングカード作成も継続。シドニー在住時には、マーケットで販売したり、カード作り教室、ワークショップなども開催。

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

メールフォーム

Sailing Stamperへのお便り/e-mail to Sailing Stamper

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

カテゴリ

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出発準備-完了-

3月7日(月)

午前中はゆっくりした後、モーニングティーに出かける途中、ヨットクラブのメンバーに一人の人から声をかけられました。今私たちが借りているペンの持ち主が、予定よりも早く帰ってくるようだと教えてくれたのです。明日の朝早くには戻るらしいとのこと、でも今晩戻った場合を考え、お茶をした後、移動することにしました。
移動先は、今のペンのすぐ後ろにあるヨットクラブのジェティーです。
*Moved from that pen to the jetty*
moved from that pen
ここにもちゃんと水と電気が通っており、とっても便利です。
moved from that pen to the jetty

moved from that pen to the jetty2

moved from that pen to the jetty3

岸に接続しているので作業するにも便利。主人はやる気が出てきたようで、早速アンカー固定装置を作り始めました。
*Making the anchore holder*
making anchore holder2

making anchore holder

making anchore holder1
そしてこれが完成品。これでしっかりアンカーを固定できるので、走行中も落っことす心配なし。
anchore holder

お天気もよく、すっかり元通りになったももちゃんは、デッキで日向ぼっこです。
feeling better mmo

作業が終わったころ、なんと、例のペンの持ち主ボートがすでに帰ってきました。移動いておいてよかった。
というのも、Albanyで会ったときは気づかなかったのですが、この持ち主さんは通称”Grumpy"(フキゲン屋)とヨットクラブで呼ばれており、短気な性格で有名な人なんだそうです。なので周りの人たちは、彼が帰ってくる前に私達が移動しないと大変なことになると心配していたようです。きっと自分で”使っていていいよ。”と言ったことさえすっかり忘れて怒り狂ったことでしょう。一足お先に移動したので、それは免れました。

3月8日(火)

今朝、修理に必要な部品を買いに行こうとしたら、なんと借りているバンのエンジンがかからないのです。
どうも、主人がアクセサリーのスイッチを切り忘れたのでバッテリーが上がってしまったようでした。
30分ぐらい奮闘していましたが、だれかにジャンプスタートしてもらわないと無理なようです。

そこに丁度よく現れてくれたのがDavidさん。(Rosieの持ち主のDavidさんとは別人です)
エンジンに繋いでくれたので、"ブルルーン”とまたバンのエンジンがかかりました!
helping hand

helping hand1

helping hand2

helping hand3
Davidさんは、このバンの持ち主のマークさんとも知り合いです。本当にEsperanceの人たちはみんないい人ばかりで、私たちのピンチをいつも助けてもらっています。

車が無事動き出したのでハードウェアストアに行きくことができました。

今日の課題は、ウォーターメーカーの整備です。うまくモーターが作動しないので水が作れない状態でした。Great Australian Bightを超える自体は5日間程度なのですが、ちょうどいい天気がやってくるまでEsperance周辺の島々の最先端で待機することにしています。途中で水補給はできないので、自給自足となります。水の量を気にして、中途半端な天候で出発したくないので、ウォーターメーカーがしっかり作動してくれないと困ります。
主人は分解して整備をしました。
*Fixking the watermaker*
fixking the watermarker

checking the watermaker

checking the watermaker1
すると、何事もなかったかのように動き出しました!

夜は、チャイニーズレストランに行きました。先日行った場所ではなく、町の反対の端っこにある別の店です。
*Another Chinese Restaurant*<
a href="http://blog-imgs-15.fc2.com/s/a/i/sailingstamper/20110310115144320.jpg" target="_blank">better chinese res

happy rob
見た目は前回の店と同様ちゃんとしたチャイニーズっぽい作りでした。
golden orient res
気になるお味は。。。。。あたり!こちらのお店は、とっても美味しかったです。チャーハンもぱりっと香ばしく、主人が頼んだSweet and Sour Porkも、カリカリと揚がっており、揚げ物が苦手なわたしもついついつまんでしまったぐらいです。
yummy_20110310120954.jpg
この店には、特になにかで選ばれたとか書いていませんでしたが、こちらの方が何十倍も美味しく、やはり自分で”○○1番美味しい店”とか宣伝しているのは、あまり信用できないようです。
happy rob2
これでEsperanceの人々が味音痴でなかったことが証明されました。

全ての修理作業が完成しました。明日、ボートを洗い、買出しと最後の洗濯を済ませたら出発準備完了です。


3月9日(水)

朝ごはんの後、二手に分かれて行動開始です。わたしがボートを洗っている間、主人がコインランドリーに洗濯をしに行きました。本当なら逆になるのが普通でしょうが、とにかく主人はボートの洗浄が嫌いなんです。自家用車もほとんど自分で洗ったことがない人なので、当然かもしれません。

午後からは買出しです。念のため一か月分ぐらいの食料を準備します。
今回は、長期連続走行のため、途中で電力が不足しないよう冷凍庫をスイッチオフすることにしたんです。いつもは電力が不足してくれば、1時間ぐらいモーターを回して発電するのですが、700マイル近くの長距離で、途中何があるかわからず、燃料は少しでも無駄にできません。それに何日も連続でナビやオートパイロットを作動させ続けたことがないので、どれぐらい電力を消費するのか予想がつかないのです。
冷凍庫がなければ、ソーラーパネルと風力発電があれば十分です。

では食料の保存はどうするか。。。。肉類はお肉屋さんで真空パックにしてもらいました。冷蔵庫は作動できるので、野菜なども1週間ちょとは持ちます。真空パックのお肉は冷蔵庫なら1ヶ月は大丈夫とのこと。
缶詰野菜やパックのハムなども買い込みました。走行中、ちゃんと料理ができない場合、セロリスティックやハムはとても便利です。パンはインド料理のナンのようなひらぺったいものを2パック買いました。これも長期保存が可能です。

さあ、これで準備完了。

明日はいよいよヨットクラブを後にして、Archipelago Of The Recherche(リサーチ群島)への探検開始です。お天気もよさそうで、とっても楽しみ!!




スポンサーサイト

<< Esperance - Lucky Bay | ホーム | 出発準備 -その2- >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。