FC2ブログ

プロフィール

Sailing Stamper

Author:Sailing Stamper
主人と私と猫のももちゃんとオーストラリア在。
2009年4月より、44フィートのヨット「Blue Loon」号に引越し船上生活を始める。
同年7月にシドニーを出発し、QLD州Whitsundaysに向け北上。12月にシドニーに戻り引き続き南下。
2010年3月、東海岸の最南端港Edenに到着。4月、再度QLD週を目指し北上の旅第2弾を開始。
船上生活のかたわら、趣味の手作りグリーティングカード作成も継続。シドニー在住時には、マーケットで販売したり、カード作り教室、ワークショップなども開催。

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

メールフォーム

Sailing Stamperへのお便り/e-mail to Sailing Stamper

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

カテゴリ

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Albany - Two Peoples Bay

2月24日(木)

午前8時、マリーナを出ました。Princess Harbour内はモーター走行して、King 
George Soundに入ってからセールを上げました。
*Leaving Princess Royal Harbour*
leaving prh

passing woodchip port

prh at back
Up windで20ノットを越える予報になっているので、メインセールはセカンドリーフに入れました。これなら突然の弾丸風にも対応できます。
sails up

狭いPrincess Royal Harbourへの入り口から、いきなり広いKing Goerge Soundに出るので、その付近の波は少し荒くなっていました。押し寄せてくる波が、入り口の両脇の岩にあたって跳ね返る波にぶつかり、あちこちに三角のとがった波ができあがっていました。そのあっちこっちから押し寄せてくる波でオートパイロットがうまくコースを保つことができず、主人がマニュアルで舵をとることになりました。
going out of prh

9時15分、すでに5回ぐらいタックをしたでしょうか。なかなか先に進めず、風も思ったよりも強かった
フラストレーションからか、主人は一時”引き返そうか。予報では明日の方がもっと天気が穏やかのはずだから。”と言ったのですが、わたしは何となく引き返すのは気が進みませんでした。それを察知したのか、
”もう1回タックしてみてまだ外に出られそうもなければ考えるね。”と気を取り直しました。
zigzaging.jpg

6回目のタックの後、いい感じの方角に進めるようになりました。King Geroge Soundの真ん中に来ていたので、先ほどよりも波の荒れ方が穏やかになりました。あと数回タックが必要ですが、このまま続行することにしました。
船内ではももちゃんが自分のトイレで、久しぶりに吐いており、それを主人に伝えると”ももちゃん、ずっと陸に繋がれていたから弱くなっていたのかな?”。それを聞いてわたしは心の中で”あなたもそうだったんじゃないの。引き返そうなんて。。。と思いましたが口には出しませんでした。

午前11時40分、やっとの思いでKing George Soundを出ることができました。でもまだ周りにある小さな島をよけて進むので、相変わらずタックを繰り返すことになりそうです。
が、少なくとも今日はUp Windでもがんばってセール走行をしているので満足でした。
heeling ok

heeling ok2

little bit choppy

*Out of King George Sound*
outof kgs
午後1時30分、やっとTwo Peoples Bayに向かってまっすぐ進むことができるようになりました。体感風速24ノット、波はそれほど高くならず、パンチングはほんの時々で、気持ちよく走り続けました。
その後、予報に反して北東に近い風となりまたまたタックを繰り返す羽目になりました。そのため20マイルちょっとのはずなのに、なかなか前進しません。長い一日となりそうです。

Two Peoples Bayには数箇所碇泊地がありますが北東からは守られていないと思ったので、最初その手前のCape Vancourverの反対側に留まろうかと思い近づいていったのですが、ガイドブックには碇泊地として指定されていなかったのでわたしは反対でした。
もう一度ガイドブックをよく見るとTwo Peoples Bayの人気の碇泊地の反対側にも碇泊地があり北東ならそこは大丈夫なはずだったので、予定どおりTwo Peoples Bayの中に入っていくことにしました。
*The other side of Cape Vancouver*
outof kgs2

big rock
この岩を抜けて、Cape Vancourverを回ればTow Peoples Bayはすぐそこです。でもぐるっと回ったころにはすでに午後4時半。
heading to two peoples bay

*Cape Vancouver*
cape vancouver

Albanyからこんなに近いのになんと、8時間以上もかかっています。
map_20110227170243.jpg

Two Peoples Bayに入った頃にはすでに午後5時をすぎており、だんだん日が暮れかかっていました。北東から守られていると思った碇泊地に碇を下ろしたのが午後5時半。
実は、例のアドミリティアンカーですが、Darwinで出会ったマイクさんに、昨日の晩一緒に食事をした後、アンカーを見てもらったのですが、どうもわたしたちのサイズの船には小さすぎるようなんです。
主人もひそかに気になっていたようで、いまいち碇を下ろすに自信が持てません。
それでもアンカーは海草が生茂っているこの碇泊地にはとりあえず効いているようです。が、外から湾内に入ってくる波のうねりが南東からのうねりで、横揺れが結構ありました。
そこで、まだ暗くなっていないので、反対側の碇泊地に移動。そこなら、風からはあまり守られていませんが波からは守られています。
そのときちょうど、今日の航海を登録していたマリンレスキューがわたしたちのことを話しているのが聞こえました。予定到着時間は最初午後1時だったのに、まだ報告していなかったんです。すぐに連絡し、今碇を下ろす場所を探していると話すと、わたしたちがこれから向かおうとしていた反対側には漁船用のモーリンがあると教えてくれました。いまいちアンカーに自信がなかったので、これはラッキーでした。

さっそく向かうと、あきらかに波の影響が少なく、これなら平和な夜を過ごせそうです。
モーリンをキャッチした頃には、日がとっぷり暮れていました。
すでに午後6時30分。長~い一日でした。

念のためアンカーアラームをつけておくことにしました。
*Got the mooring here*
tow peoples bay

明日も早起きなので、夕食を済ませてすぐに眠りにつきました。そのまま何事もなく過ぎましたが、午前4時、突然アラームがなったのです!!
主人が飛び起きて外に出て、ナビを見ていますが、なかなか戻ってきません。その間、また数回アラーム
がなり続けました。でも、何もしていないので、モーリンが切れた、とかいう事態ではなさそうです。
実は、このモーリンの周りに一箇所水深が2メートルちょっとしかない場所があったんです。アラームは水深アラームでした。4時30分が一番干潮でした。そのため2mのキールがあるLoonがその部分にスイングするとキール下20センチしかなくアラームがなってしまうんです。

もともと午前5時起床で出発しようと思っていたので、すでに起きてしまったことだし、すぐに出発することにしました。
まだ暗い中、モーリンを外しBremer Bayに向かって出かけました。

スポンサーサイト

<< Two Peoples Bay - Bremer Bay-Esperance | ホーム | アンカー交換 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。