FC2ブログ

プロフィール

Sailing Stamper

Author:Sailing Stamper
主人と私と猫のももちゃんとオーストラリア在。
2009年4月より、44フィートのヨット「Blue Loon」号に引越し船上生活を始める。
同年7月にシドニーを出発し、QLD州Whitsundaysに向け北上。12月にシドニーに戻り引き続き南下。
2010年3月、東海岸の最南端港Edenに到着。4月、再度QLD週を目指し北上の旅第2弾を開始。
船上生活のかたわら、趣味の手作りグリーティングカード作成も継続。シドニー在住時には、マーケットで販売したり、カード作り教室、ワークショップなども開催。

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

Sailing Stamperへのお便り/e-mail to Sailing Stamper

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

カテゴリ

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンカー交換

2月23日(水)

Albanyに来てからすでに2週間が経ちました。
一昨日あたりから少しずつ晴れ間が出始め、今日は朝からいい天気です。風は相変わらずの東風。午前中はそうでもないのですが、午後から夕方にかけてどんどん強くなり、30ノット近い強風となります。
choppy_20110223151616.jpg

choppy2_20110223151615.jpg
昨日もカードを2枚作りました。イースター用が一枚とThank you カード1枚。
easteryellow.jpg

easteryellow closeup
このカードはTea bag Foldingというテクニックを使っています。折り紙の要領なのでとっても簡単です。
teabag thankyou

さてさて、タウンジェッティーの反対側に、小さなマリーナがあります。そこにクジラウッォチツアーのキャタマランが係留されていて、連絡先が書いてあったので主人がコンタクトしてみました。タウンジェッティーには電気が通っていないので、ここ数日間の曇り空でバッテリーがかなり低減していたのです。
1泊ぐらいそこに係留できるかどうか、どこに聞いたらいいか質問しました。するとツアーオーナーのジョンさんは”まだ開いてないマリーナで誰もきにしないから、午後から係留してバッテリーをチャージしたら
翌朝出れば大丈夫だよ。”と教えてくれました。
がそれから毎日”今日こそ”と思っても午後3時前には風が強まりタウンジェッティーに激しく押し付けられ身動きができなくなっていました。今朝間違い電話でそのジョンさんに電話をかけてしまい、その際”午後になると風が強すぎて移動できずにいます。”と話すと”今日も午後から激しくなるから、午前中に移動したら?誰も気にしないと思うよ。”と教えてくれました。

そこで、午前10時ごろ、移動開始です。
昨日午後にやってきたボートのクルーの一人が離岸を手伝ってくれました。
彼らはPort Licornから一挙にBightを1週間かけて越えてきて、フリーマントルまで行くそうです。オーナーカップルをクルーとして手伝っていた二人の男性のうち一人は、なんと、Darwinにいたときに知り合ったマイクさんでした!!
マイクさんのヨットはサイクロンシーズンはDarwinに置きっぱなしにしており、サイクロンシーズンが終わったらまた戻り東海岸に向けて出発するのです。つまりわたしたちと逆回りをするわけです。
まさかこんな所で再会するとは、世界は狭いとはこのことです。
theotherboat.jpg

marina_20110223151910.jpg

*We were there* 
we were there

さて、マリーナに接岸して1時間ほどすると、一人の男性が近づいてきました。
マリーナ工事のコントラクターの人だそうですが、わたしたちのいる場所にいつも彼のボートを繋げているそうで、ちょっと文句を言いに来たようです。が、実際は彼も無断でボートを係留しているはずで、ジョンさんの名前は出しませんでしたが、他の人に聞いてここに1日なら留めていいと言われていると、やんわり抗議しました。主人いわく”ちょっと偉ぶってみたかっただけだよ。彼がお金を払っているわけじゃないからね。”とのこと。
なんと、彼が留めたかったボートというのは、この小さなボートのことでした。このサイズだったらわざわざバースに入らなくても、ここで十分です。やはり”ちょっと偉ぶって”みたかったのでしょう。
little boat

この数時間後にも、また一人作業員らしき人が”ここには留めちゃいけないんだ”と言ってきましたが、またまた主人がやんわりとジョンさんに教えてもらったことを話すと、”ふ~ん”と立ち去っていきました。おもしろいもので、周りに係留されているツアーボートの関係者らしき人は、誰もなんとも言ってこないのです。

さてさて、ここには明日のあさまでしかいないのですが、その後は。。。とうとうAlbanyを出発です。明日は20マイルほど先のTwo People Bayまで移動して、その後はEsperanceに向かって移動し続けます。
その前に、これまでつけていたアンカーを別のタイプのアンカーに変えました。
*Anchore change*
anchore chang
大昔からある、いわゆる”アンカー”の形をしたアドミラリティアンカーです。これから先の碇泊地は底が固い砂地かケルプという海草が生茂っているので、このタイプのアンカーしか効かないそうです。
ステンレス製の新品はなんと450ドルもし、現在では製造している会社はありません。そのため特注オーダーしなければならなかったのです。でもAlbanyのマリンショップの片隅に、錆びてはいましたが鉄製の頑丈でサイズも丁度いいアンカーがあるのを見つけたんです。たった60ドル。
どうせ1ヶ月ぐらいしか必要ないので、これで十分です。

まずは従来のアンカーを外しました。
anchore chang1
そしてアドミラリティーアンカーをつけます。
anchore chang2

anchore chang3
が、問題は、どこに収納するか、です。
anchore chang4
あれこれやっているうちに、こうすればアンカーロッカーに入れられそうだとわかりました。
(主人は”無理だ”と言ったのですが、わたしの提案です!試したら大丈夫でした!!)
it seems to fit in

走行中にがたがたしないようにロープでしっかり結わえました。
tieing up
これなら大丈夫そう。
looks good
ちゃんとロッカーも閉まりました。大成功。
perfect.jpg

これで明日出発の準備完了!Albanyはとても気に入っていましたが、十分堪能しました。
次の碇泊地が楽しみです!
スポンサーサイト

<< Albany - Two Peoples Bay | ホーム | Crayon Resist Card >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。