FC2ブログ

プロフィール

Sailing Stamper

Author:Sailing Stamper
主人と私と猫のももちゃんとオーストラリア在。
2009年4月より、44フィートのヨット「Blue Loon」号に引越し船上生活を始める。
同年7月にシドニーを出発し、QLD州Whitsundaysに向け北上。12月にシドニーに戻り引き続き南下。
2010年3月、東海岸の最南端港Edenに到着。4月、再度QLD週を目指し北上の旅第2弾を開始。
船上生活のかたわら、趣味の手作りグリーティングカード作成も継続。シドニー在住時には、マーケットで販売したり、カード作り教室、ワークショップなども開催。

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

メールフォーム

Sailing Stamperへのお便り/e-mail to Sailing Stamper

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

カテゴリ

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Extremely windy yacht club

*Windy*
bad weather
2月11日(金)

昨日の夕方から東からの風が強くなってきて、今朝は空もどんよりしていました。
東から風が吹くと、ちょうど丘が低くなっている部分から、海からの風がダイレクトにヨットクラブ目掛けて吹いてきます。そのため接岸しているワーフに船体が押し付けられてしまうので、身動きできません。この風が収まるまで、ここを出ようにも離岸できない状態です。
*Yacht Club House*
club house

pen.jpg
無料で接岸させてもらっているので贅沢はいえませんが、とにかく風による波の影響をもろに受けてしまい、上下左右に揺れるんです。ま、耐えられないほどではありませんが快適とは言いがたい状態です。
ジェッティーを歩いていると、あまりの風に吹き飛ばされそうになるぐらいです。
実は町の中心地に近いところに公共のタウンジェッティーがあります。観光クルーズ船が係留されている小さなマリーナがあるので、ちゃんと小さいながらもブレークウォーターに囲まれた中にジェッティーはあります。午前中、用事があってタウンにいっていた主人がヨットクラブに戻った途端”ずっとこんなに風強かったの?”と驚いていました。町の中では、ほとんど風を感じなかったそうです。

午後からはますます風が強くなるので、念のためもっとラインを引っ張って岸に押し付けられないようにしました。碇泊地でもなかなか、これほど波の影響を受けてしまうところは珍しく、一時は押し寄せる波が船体を登って窓を開けていたら中までしぶきが入ってしまったぐらいなんです。

many lines

choppy_20110212190553.jpg

choppy2_20110212190552.jpg

choppy3.jpg

choppy4.jpg

choppy5.jpg

主人とふたりで、”風が収まり次第、さっさとここを退散しよう”と決めました。
風向きは当分、私たちにとっては不向きな状態なので、Albanyを出発するのはもっと先になりそうですが、それまではタウンジェッティーに移動しようと思います。
スポンサーサイト

<< Celebrating anniversary at Denmark | ホーム | Albanyの町 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。