FC2ブログ

プロフィール

Sailing Stamper

Author:Sailing Stamper
主人と私と猫のももちゃんとオーストラリア在。
2009年4月より、44フィートのヨット「Blue Loon」号に引越し船上生活を始める。
同年7月にシドニーを出発し、QLD州Whitsundaysに向け北上。12月にシドニーに戻り引き続き南下。
2010年3月、東海岸の最南端港Edenに到着。4月、再度QLD週を目指し北上の旅第2弾を開始。
船上生活のかたわら、趣味の手作りグリーティングカード作成も継続。シドニー在住時には、マーケットで販売したり、カード作り教室、ワークショップなども開催。

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

メールフォーム

Sailing Stamperへのお便り/e-mail to Sailing Stamper

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

カテゴリ

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hamelin Bay - Albany

2月8日(火)Day1

午前6時、アンカーを上げて出発です。すぐにセールをアップして漂うように碇泊地を離れました。東からの風がすでに強くなっていたのでメインセールは念のためセカンドリーフにしてあげました。
でもちゃんと5ノットは出ています。
*Leaving Hamelin Bay*
leaving hamelin bay
reefed in
reefed in2

6時20分、岩やリーフを避けてもと来た方角に一旦後戻りをした後、進行方向に向かうため、メインセールを静かにジャイブ。後方からの風が体感風速13ノットで、ヘッドセールがうまく機能しにくかったのでしまいました。メインセールだけですが、ちゃんと5ノットのスピードは保ちました。
午前中はだいたい東からの風が吹き午後になると南東に変わる、というのがこのあたりのパターンです。が問題はそれがいつのタイミングで変わるかが、セール走行できるのかモーター走行に変えざるを得ないのかの鍵となります。

7時半ごろになると、風の方向が、岸の地形のせいかころころ変わるようになり、そのたびにエンジンをつけたり消したりを繰り返しました。遠方にはCape Leeuwinが見え始めました。
*Heading to Cape Leeuwin*
heading to cape leeuwin

なんとまだ8時ちょっとすぎだというのに、風が南東に変わり始めたんです。早すぎ!ということはまた正面に近くなるのでモーター走行となり、波をパンチングしていくことになるわけです。風があまり強くならないことだけを祈りました。(予報ではここ数日間で一番の弱風のはず)

9時40分Cape Leeuwinを通過。このあたりは小さな岩があちこちにあり、おまけにLeeuwin海流と呼ばれる強い海流それにInidian と Southern Oceanが交わる場所として波が大きくなりがちです。そのため過去には何隻ものヨットがここを回る際に座礁したそうです。
ほとんどはレース中での事故なので、かなりぎりぎりの線で岬を回っていたはずです。スピードやスタイルにこだわらない私たちは、必要以上に大回りしたので、”なんだ、普通じゃん。”という感じでした。
*Going around the cape*
going around the cape
*Tip of the cape*
the tip of the cape
昨日、消費した分を測るため予備の燃料をタンクに入れました。20リットル使用したようです。前回は
Hamelin Bayまで行き着けない状態で40リットルの消費で、今回のほうがモーター走行した時間は同じぐらいかむしろ長いぐらいだったので、かなり燃費が良かったようです。
今日は予報ではかなり弱風のはずなので向かい風になってもかまわずモーター走行を覚悟しています。燃料は十分なので、必要ならAlbanyまでずっとモーター走行してもありあまるほどです。タイミングを逃すとまたものすごい強風にまきこまれるので、”セール走行じゃなきゃ”、なんていうプライドは全くなく、とにかく一刻も早く、もっと天気が安定している南海岸に着きたい一心でした。
一時的に風がおだやかになったのですが、それは方角が変わるサイン。案の定、予報に反してなぜかまた進行方向から風が吹くようになってしまいました。主人いわく、”地形に影響されているんだよ。”
前方30度の角度の風で体感風速が20ノットまで上がったので、パンチングし始めました。
start choppy
午後2時をすぎると、方角は相変わらず悪いものの、風速は衰え、走行スピードは平均で4.5ノット。でもパンチングはそれほどひどくはありませんでした。
またしても、数匹の鳥たちが私たちの周りを飛び回り退屈しのぎをさせてくれました。
company again

company again2
*Passed the cape Leeuwin*
passed leeuwin
夕方に向かって、さらに穏やかになっていきました。大海が広がっている証拠で、波のうねりは間と間がとても大きくて、ゆるやかな坂道を上下いている感じです。太平洋横断などの経験があるセーラーが”周りに障害物がないから、外の波の方が、大きくても鋭角にならないから危なくないよ。”と言っていました。
途中雨が降り始めた以外は、平和なナイトセールとなりました。

2月9日(水)Day2
*Sailing South Coast*
progress so far
夜中私のウォッチの際に、反対方向に向かったボート(走行スピードからして多分セーリングボートだったと思います)と通過したとき、2マイル以内の近さだったのでAISのアラームがなりました。私は、すでにNavi上で位置を確認していたのと、肉眼でもかなり前から見えていたので気にしていませんでしたが、主人に伝えるのを忘れていて、かわいそうに、アラームの音で主人は飛び起きてしまいました。それ以外はまったく何事もなく朝を迎えました。

朝7時に起きて外に出ました。Hamelin Bayでも眠りを妨げられていた主人はかなり疲れていたようだったので、主人と交代しました。エンジン走行を続けていたので、セールを気にしなくてもよく波の影響もなくオートパイロットが完璧に作動していたので、わたし一人でも全く問題ありませんでした。
午前8時、Point Hillier通過。Albanyまではあと40マイルほどです。この調子なら明るいうちに到着できるのは間違い無さそうです。
*Point Hillier*
point hiller
11時になるころにはパンチングすることもなくなり、大きな波のうねりを登ったりおりたりしていました。平均速度5.5ノットで快走です。途中また曇り空になりましたが、すぐに晴れ間が顔を出しました。
bit cloudy

sunny and pretty

12時、West Cape Howeを通過。順調に進行中です。
*West Cape Howe*
west cape howe

navi_20110211111045.jpg
南海岸はシドニーなどの東海岸と似て緑が豊かで海岸線の起伏も変化に富、景色を楽しむことができました。
今”1606”という大航海時代の歴史の本を読んでいます。1606年というのはオランダ人が意図せずヨーロッパ人として初めてオーストラリアを目撃した年です。(その時点ではCape Yorkをすでに発見されていたパプアニューギニアの一部だと思っていた)それ以降、”未知の南の陸地”への感心がたかまり、貿易目的でオランダ人の偉大な航海士たちがオーストラリアの西海岸を主に訪れていました。半分ぐらいはアクシデントで陸があることを発見したわけですが。東インド会社にできるだけ早く到着したいということから、新しい航路を発見し、その途中にあったのがオーストラリア西海岸だったのです。
でも、何隻もの船が座礁したり、例のBatavia号の殺戮劇があったりと、不運も尽きない状態でした。大陸探検の目的が貿易だったので、殺伐とした砂漠が続く西海岸を見て、オランダ人は最終的にオーストラリア自体に興味を失っていったのです。タスマニアまで発見したのに、結局それ以降東海岸には到達しませんでした。貿易ではなく植民地と国防の拠点が主目的がだったイギリスが、1770年に東海岸を探検。(キャプテンクックの功績)シドニー、ボタニー湾に上陸したわけです。なんと最初に発見されてから100年以上も東海岸は手付かずだったわけです。
この本には、私たちがすでに訪れた場所のことが沢山書かれており、おおむね当時のオランダ人のもった西海岸に対する印象は私たちの印象と全く同じでした。Perthだってその当時は砂漠がちなあまり魅力のない場所だったはずです。彼らのがっかりした気持ち、よっくわかりました。
coast line

*Eclipse Island*
eclipss island
*Peak Head*
peak head

peak head2
午後4時、AlbanyのあるKing George Soundの先端Bald Headが目前です。それを回れば、King Gorge Soundの中に入ります。ちなみにKing George Sound を発見したのもイギリス人でキャプテン、ジョージバンクーバーと言う人で1791年でした。彼の船の名前は”Discovery”。北西アメリカに行く途中に南海岸を通過。実は1627年にオランダ人Pieter NuytsがこれまたアクシデントでGreat Australian
Bightを航海したていたのです。インドネシアに向かう途中、北上するタイミングが遅かったので、意図せずオーストラリア南海岸まで来てしまい、行けども行けども陸にさまたげられ、現在SA州のCedunaのあたりまで行ってしまい、とうとうUターンする羽目になったのです。残念ながら書類として記録があまり残されておらず、それ以降、誰もその地を訪れていませんでした。
バンクバーはKing George Soundで碇をおろし、水と食料を補給しました。Albanyはその歴史の深さから、WA州でもっともポピュラーな観光地の1つだそうです。
そしてそのKing George Soundに、とうとう私たちもやってきました。
*Turning into King George Sound*
turning into king george sound
*Bald Head*
bald head

clear water breaing to the head

got inside of the sound

navi king goerge sound

中にはいってもAlbanyの町があるPrincess Royal Harbourまで、まだ5マイルあります。ヨットクラブに連絡をとり、クラブのジェッティーに接岸させてもらえることになっています。午後6時には到着できそうです。明日以降天気はどんどん下り坂になり、東からの強風注意報も出ているのを思わせるような黒い雲が立ち込めていました。雨が降り出す前に着けるといいなと祈るような気持ちでした。
map_20110211113644.jpg





heading to albany
*Tanker in the sound*
tnker in the sound
*Princess Royal Harbour ahead*
pr harbour ahead
港への航路を通過途中、岸に古い砂岩のブロックでできた家の遺跡がありました。何か歴史的な建造物なのでしょうか。
going through the channerl

ruin.jpg
航路の入り口はかなり狭かったのですが、港内にウッドチップ積み出しジェッティーがあり、大型タンカーが行き来できるぐらいの深さがあるようです。
接岸していたタンカーの名前からすると日本のタンカーかなと思いました。
tanker in woodchip loading harbour
そして正面かなたにセーリングクラブが見えました。
sailing club
その丁度反対側にはAlbanyの町が広がっています。
*Albany town center*
albany town
*The entrance at back*
entrance at back

そして午後6時半、セーリングクラブのジェッティーで待ち受けていてくれたポールさんが接岸する場所を教えてくれてBow Lineをとってくれました。
これから数日間、ここが私たちの”家”となります。
スポンサーサイト

<< Albanyの町 | ホーム | Quindalup - Hamelin Bay >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。