FC2ブログ

プロフィール

Sailing Stamper

Author:Sailing Stamper
主人と私と猫のももちゃんとオーストラリア在。
2009年4月より、44フィートのヨット「Blue Loon」号に引越し船上生活を始める。
同年7月にシドニーを出発し、QLD州Whitsundaysに向け北上。12月にシドニーに戻り引き続き南下。
2010年3月、東海岸の最南端港Edenに到着。4月、再度QLD週を目指し北上の旅第2弾を開始。
船上生活のかたわら、趣味の手作りグリーティングカード作成も継続。シドニー在住時には、マーケットで販売したり、カード作り教室、ワークショップなども開催。

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

メールフォーム

Sailing Stamperへのお便り/e-mail to Sailing Stamper

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

カテゴリ

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いざAlbanyへ!のはずが。。。

2月1日(火)

午前6時45分、モーリンを外して出発!朝からいいお天気です。海岸線にそって端っこにあるCape Naturalisteに向かいます。風の角度は後方からですがまだ弱すぎてモーター走行です。
*Coastal line to the cape*
coast to cape naturaliste

*Cape Naturaliste*
cape naturaliste

going around the cape
*The tip of the cape*
the tip of the cape
午前8時30分、ようやく先端に到着。Cape Naturalisteを回りました。このあたりまでくると、外海からのうねりを感じます。予報では2.5メートルからせいぜい3メートルですが、うねりとうねりの間隔が広いので緩やかな坂道を登ったり下ったり、という感じがします。うねりの頂上に船が来ると初めて、“波があるな”とわかる程度です。角を曲がりきったところで、いい風向きとなりモーターを止めました。平均速度は6ノットと、いい感じです。波のうねりもほとんど気にならない程度で、とても平和です。主人と“このままずっとひと晩中こうだといいね。”と話していました。
sailing nicely

inidian ocean ahead

rob_20110202120234.jpg

the tip of the cape2
*The other side of the cape*
the other side of the cape

navi_20110202120233.jpg

午前10時すぎまで、この状態が続き、セーリングを楽しんでいたのですが、風向きが生憎どんどん正面に似変わり、というとう真正面にかわりましたが、とても弱風なので平和な海にはかわりません。モーター走行です。この状態を予想しており、むしろそれを利用して安全で快適に長距離を進むために今日の出発を選んでいました

township_20110202120551.jpg
夏だというのに、このあたりまで下がってくると海風が冷たく外にいるときは長袖のフリースジャケットを着用するようになりました。緯度的にはちょうどNSW州でいうとウロンゴンを過ぎたあたりで昨年の同じ頃South Coastを南下していた時と同じような気候です。
navi2_20110202120550.jpg

午前11時半をすぎたあたりから、少しずつ前方からの風が強くなってきたのがわかりました。早めのランチをすませたあと、私は一旦お昼ねをすることにしてギャレーに降りていきました。この時点でUp wind30度、体感風速16ノットで走行スピードは5ノット平均に落ち始めていました。
*Getting choppy*
getting choppy

getting choppy2

しばらくうとうとしていると、外でウィンチの音がしてセールを動かしています。主人がメインセールをファーストリーフに変えたようです。リーフィングするには一旦風に真正面に船体が向く必要があるのですが、走行中に主人一人でリーフィングできたほど、風は進行方向から吹いていたということです。このときリーフィングしておいて本当によかったと後で思いました。

30分ほど眠ったようですが、ドシ~ン、ドシ~ンと船体が海面にパンチングする音と振動で目が覚めました。“おかしいな、今日は向かい風でもパンチングするような強風にはならない予報だったはず。”と思い外に出て行くと、あきらかに風が強まっており、とがった小さな波があちらこちらに発生しています。おまけに波しぶきまで飛んでくるようになっていました。主人は“午後になってちょっと風が強くなると言う予報はでていたけど、25ノットを超えるような予報じゃなかったはず。それに予定よりも早く風が上がってきたみたい。予定では、こうなる前にCape Leeuwinに近い場所に行けている時間だったのに。”と浮かない表情でした。

風速計をみると、常に体感25ノットになっており、時折それを越しています。モーターの回転数は同じでも速度はがくぜんと落ち、なんとせいぜい2.5ノットのスピードしか出なくなっていました。天気予報を再度確認。予報ではまだこの辺りは10~15ノット程度の風速のはずですが、実際はとんでもありません。予報を信じたとして、夜になると風は収まるとしても、それまでどこかで非難するにしても、次の碇泊地Hamelin Bayまであと17マイルもあります。このスピードでは最低でも5時間はかかり明るいうちに到着できるかどうかわかりません。それにもっと遅れる可能性だってあります。
*Not going anywhere much*
not going anywhere


もともと今日(火曜日)と明日水曜日しか穏やかな天気は続かず、木曜日の午後からはまたしばらく天気が崩れる予報になっていました。Albanyまでは240マイルの長距離で、予定が遅れて2日以上かかると天気が悪化する前に到着できなくなります。ここで、”引き返そうか”という話を主人と始めました。
*Getting really windy*
windy.jpg

windy2.jpg

getting really chopy

引き返すにしてもあまり遅くなれば暗くなってしまいますし、天気が悪化する可能性だって出てきます。
今が決断のときです。もしかしたら予報どおり風は収まるのかもしれません。でもリスクを考えると守りの姿勢に入った方がいいと、判断しました。

午後2時10分、Uターンしました。無線ラジオで今朝、航海登録をしたACRM BASEに再度予定変更を報告。彼らの方からAlbany行きはキャンセルしたことを連絡してもらいました。
*Turning around*
u turn

*Dissappointed skipper*
dissappointed skipper

Quindalupまでは35マイルなので、平均7ノットのスピードなら午後7時ごろには到着できます。これならぎりぎり日が暮れる前に着けそうです。
ぐるット回れ右して、今度は風が真後ろからとなり、ヘッドセールはうまく機能しませんでした。ファーストリーフィングしたメインセールだけでセール走行。ここでも新しいセールはぴんぴんに張って風を目一杯受けてくれました。7ノットスピードは軽く出て、時には8ノットを越えることもあります。
good speed on the way back

trusty main
帰り道は波と一緒に移動なので、格段に快適だったのですが、それでも風がどんどん強くなっており後方からの波しぶきを受けるようになりました。引き返して本当によかった。。。
windier and windier
午後4時50分、Cape Naturalisteの付近までもどってきました。
すると一羽のAlbatrossがヨットに向かって飛んできました。すぐ近くまで来てはまた飛び去り、しばらくするとまた戻ってきては、旋回するのです。私たちに興味があるのでしょうか。5、6回それを繰り返していました。主人が読んでいる昔の大航海の歴史物語にもAlbatrossはそういう飛び方をしてセーラーを楽しませた、と書いてあったそうです。
company.jpg

company2.jpg

company3.jpg

*Relieved skipper*
relieved skipper

windier and windier2

Cape Naturalisteをぐるっと回ったとたん、風がさらに強くなり船体が大きく傾き始めました。弾丸風があるようです。風速計は30ノットを越えました!角度も前方90度となりました。
heeling alot
オートパイロットが風の強さに負け始めたので主人がマニュアルを舵を取り始めましたが、最初の数分間まったくコントロールが効かなかったそうです。コースを外れ岸のほうに近づきはじめました。
風の強さで風力発電機のプロペラがうなるような音を出し、それに負けじと主人が大声で”メインセシートをゆるめろ!急げ!”と叫びました。いそいでメインシートを緩めブームを横開きになるように出しました。こうするとセールに受ける風が逃げるので負荷が軽くなります。やっとそれで主人はコントロールを取り戻しました。
helming skipper
弾丸風は休みなく打ち付けてきて、最高で48ノットまで風速計が記録したそうです。船体は多少傾いたもの不快感や恐怖感はまったくありませんでした。こうなると何もすることがない私はおき楽にスピードを楽しんでいました。風力発電のプロペラが”ぐぉんぐぉん”と音を立て、とうるさいな~と不満だったのですが、風と奮闘している主人に悪かったので、おとなしくしていました。
それにしても頑丈なメインセールは本当に信頼が置けます。以前ならセカンドリーフにいれていないと、こんな強さの風だと不安だったのですが、ファーストリーフでもびくともせず風を受けていました。
*Max 48knot bullets*
more than 30knots bullets

海岸線をさらに進みQuindalupが見える頃には風はかなり収まり、海も何事もなかったかのように穏やかになりました。オートパイロットに変えてしばらくセール走行していたのですが、風の角度がさらに前方になり60度以下になりスピードは5ノット以下に落ちました。Quidalupまであと少しだったのでモーター走行に切り替え。スピードを6ノット平均に保ち、なんとか日の暮れる前午後7時ちょっとすぎにQuindalupのおなじみのモーリンにもどることができました。

つかれた~。明日は一日ゆっくりしよう。
*Back to where we started*
back to start








スポンサーサイト

<< Dunsboroughの町 | ホーム | なんちゃってサイクロン >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。